ページトップへ
Staff Blog

北信濃ブログ

こんにちは!

長野中央展示場の吉川です。

年が明けていつの間にか1ヶ月経とうとしています。早い早い、、

 

展示場開けるときに窓の外を見ると、巨大なつららが!

 

最近の雪と寒さでこんなに育っていました。

下屋がないところは落ちると危険なので落とし、そのほかは冬の風物詩として残しました!笑

 

冬になると、”窓”の在り方を考えさせられます。

夏場は開け放ってしまうことが多かったり、窓を意識して外を眺めることはありませんが、

冬は暖かい室内から寒そうだな~と外を眺めるときに、窓枠が外の景色を切り取っているように見えます。

 

先日プランの打ち合わせをしているときに、プランナーの酒井が言っていたことがとても印象的でした。

 

「窓を大きく取ると解放感がありますが、あえて小さく風景を切り取り、絵画のように見せることもできるんですよ」

 

絵画を飾らずとも窓を作るだけで四季の移ろいが感じられる、お庭や景色などをドラマチックに魅せる、

お客様の敷地にしかない四季を提案していきたいなと思います。

 

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全127ページ中)