ページトップへ

信州の匠を訪ねて

06 家具職人 鈴木正巳さん(木のすず)

"職人"の既成概念に囚われない
ITで加速する柔軟な家具づくり


トリプルモニタで効率よく作業を進める鈴木さん。
伊那市高遠で家具工房を始めて22年。静岡県牧之原市出身。

 

どんな家にも受け入れられる、自己主張しない家具

すっきりとした玄関収納、家具調の木製キッチン・食器棚。
つくり手の鈴木さん自らが「自己主張しない家具」と評する通り、どんな空間にもすんなり馴染む人気の注文家具。

伊那市高遠に工房を構える「木のすず」の家具は、年間6070棟もの工房信州の家に納められている。

 

より良い家具づくりのために、パソコンに向かう

制作現場はどれほど慌ただしく動き回っているのかと思いきや、仕事場を訪ねてびっくり。代表の鈴木さんの仕事内容は、近年は専らパソコン作業が中心だそう。
製作する家具の図面作成や、発注・在庫・納品管理などに忙しく、カンナやノコギリを手にする機会はここ数年で格段に減った。
「“職人”のイメージを壊したら申し訳ない
()。ただ、木のすずの強みは、安定した生産能力にあると思っています」と話す鈴木さん。

一般的に無垢材中心の家具工房は小規模で、木のすず同等の量と価格とスピードで安定生産できるところはなかなか無い。
それができる秘訣は、ひとつは最新機械の導入により省力化と高精度な加工を実現したこと。
もうひとつは流通量が少ない国産材をあらかじめ購入し製材・乾燥することで、注文後すぐに制作を進められること。

ともすれば職人から敬遠されがちな「機械化」と「在庫を抱える」という二点に対して、臆せずにチャレンジしてきたからこその体制だ。

 
完成し、工房信州の家への納品を待つ玄関収納。
シンプルで飽きのこないデザインが、
これから何十年と住まうマイホームに相応しい。

 

脱サラ・Iターンし、ゼロから歩んだ家具職人の道

鈴木さんはその経歴も型破りだ。
横浜国立大学の大学院で画像処理を学び、大手電器メーカーでハイビジョンカメラの設計職に11年間携わった。
しかし深夜残業と休日出勤ばかりで愛娘の寝顔しか見られない日々に「一生このままは嫌だ」と一大決心。
最先端を走る花形職業から一転、地方移住と家具職人への転身を決めた。
このとき、
35歳。
決断するなら今しかないと思った。

日曜大工は趣味だが、木工を学んだことはない。
「今思えば、大変危険な選択ですね。伊那技術専門校で学ぼうと思いましたが、学校からも“安定した大手企業を辞めて家具を生業にするなんて、やめなさい”と止められて
()。親戚も皆、大反対。
ただ、景気の良い時代でキャリアもあったので、いざとなったら地元の電気屋に再就職できるという目論見もあり、さほど不安はありませんでした。若かったんでしょうね
()」。
家具づくりの知識は、本を読み独学で習得した。師匠は居ない。
大変ではあったが、好きなことをやれるという面白さのほうが勝ったそうだ。

 
木のすずの工房にある参考書籍。
実用的な専門知識の豊富さから、
洋書で学ぶことが多いそう。

 


 (インタビューの後篇は、10月末に更新します)