ページトップへ

信州の匠を訪ねて 01

無理な注文ほど腕が鳴る 生涯一職人をモットーに

―建具職人 熊谷次勇さん (熊谷木工所) ―



褒章と一緒の撮影に「自慢みたいで嫌だで」とはにかむ熊谷次勇さん。
平成23年 現代の名工(卓越技能者厚生労働大臣表所)、平成27年 黄綬褒章を受章。

 

 工房信州の家に縁のある匠を紹介する新連載。そのお一人目に相応しいとお声掛けしたのが、伊那市で木工所を営む熊谷次勇さん。工房信州の年間100棟の新築工事のうち、約30棟の建具制作を手掛けていただいている。

 

職人歴60年余り、手にした日本最高の栄誉

 熊谷さんは一昨年、黄綬褒章の栄誉を得た。これは「多年にわたり業務に精励し衆民の模範である者」に与えられる国の褒章のひとつ。受章者は皇居に招かれ天皇陛下に拝謁、咳払いもできないほどの緊張を味わったそう。一生に一度の機会に、熊谷さんがどうしてもやりたかったこと――それは、皇居の建具チェック。「どこへ行っても建具が気になる。皇居の戸は凝ったつくりではないが、重厚で建てつけの良さに惚れ惚れした」建具に見惚れるあまり記念撮影会場になかなか姿を見せず、付き添いの奥様をヤキモキさせた。

 中学卒業と同時に15才で父に弟子入りし、高校の夜学に通いながら修業に励んだ。家業を継ぐのが当たり前と迷いなく進んだ道だったが、元来ものづくりが好きで性に合っていた。職人気質の父は寡黙な人で、技や工程は見よう見まねで覚えたという。


手入れの行き届いた道具類が整然と並ぶ様は、まるでアトリエのよう。

 

自然の素材を扱うことの難しさと、喜び

 職人歴60年のなかで、いちばん変わったのは建具の“材料”だそう。以前は合板を貼り合わせたフラッシュ戸ばかりだったが、今は無垢材をメインに扱う。無垢材は反りや収縮が必ず起こるため、数年後も美しくあるために今も試作を繰り返す。無垢材の納まりは本当に難しいと話す熊谷さんに、でもそれが楽しいのでは?と問うと、淀みなく「そうなんだよ」と笑った。

 特に工房信州の展示場では新しい空間づくりのため、建具の納まりでも無理難題を言われることが多々ある。しかし「こっちも職人の意地があるから、”できない“は口が裂けても言わない」と熊谷さん。難しいものほど燃える性分でもあり、今でも新しいチャレンジができるのが嬉しいと話す。御年77才とは思えないほど精力的だ。

 現在は跡継ぎの長男を含め3人の職人が居るが、建具の納品日には自ら県内各地の工事現場へ赴く。「生涯一職人として全うしたい。それが、支えてくれた皆さんへの恩返しになる」

 
苦心した建具のひとつ、諏訪展示場のスリット引き戸。細やかな組子細工を得意とする熊谷さんの技が活きる。