ページトップへ

よくあるご質問

家づくりについて

Q.土地を所有していなければ、家づくりの相談はできませんか?

Q.自分達の予算で建てられるのかが心配です

Q.長野県への移住を考えています。何度も足を運ぶことが難しいですが、打合せは可能ですか

仕様・工法について

 

 

Q.家づくりの進め方を教えてください

A.工房信州の家は、それぞれのお客様に合わせて最適なプランニングを行う自由設計の家です。敷地条件をくまなく洗い出し、ご家族一人一人のライフスタイルやご要望を丁寧にお伺いしたうえで、専属のプランナー・インテリアコーディネーターがベストなご提案を行います。

参考ページ 「工房信州の家づくりの流れ」

 

Q.土地を所有していなければ、家づくりの相談はできませんか?

A.いいえ、そんなことはありません。むしろ、土地を決定する前にご相談いただければ、土地と建物トータルでのプランニングと資金計画が可能となり、より満足度の高いご提案が可能となります。また地域の不動産屋さんとの協力体制を築いている為、市場に出回る前の希少な売地情報をお届けすることもできます。土地でお悩みの方こそ、地元密着の工務店へぜひご相談ください。

参考ページ 「家づくり基礎講座・Step1/まず土地から考えよう」ケース1/これから土地を探す方

 

Q.自分達の予算で建てられるのかが心配です

A.お客様の家計やご年収を鑑みて、無理のない資金計画を総額でご提示したうえでお打合せを始めますのでご安心ください。

参考ページ 「家づくり基礎講座・Step2/家づくり資金のこと」

 

Q.長野県への移住を考えています。何度も足を運ぶことが難しいですが、家づくりの打合せは可能ですか。

A. Iターン・Uターンでの家づくりをされたお客様は多く、遠方住まいのお客様とのお打合せ実績も多数ございますのでご安心ください。特に、テレビ電話(SkypeやFacetime)を用いての密なお打合せを推奨しております。

 

Q.信州は気候が厳しいイメージがあります。信州に適した住まいの考え方は?

A.信州は豊かな自然と、爽やかな気候が特徴の、恵まれた環境にあります。私たちは信州に特化した住宅会社として、外部環境を遮断し機械で管理する魔法瓶のような住宅ではなく、自然条件の良いところを上手に住まいに取り入れることで信州でしかできない豊かな暮らしを追求しています。

参考ページ1 「設計デザインコード -信州の四季とともに-」

参考ページ2 お宅訪問記 安曇野市W様邸

 

Q.実家で山を持っていますが、山の木を家づくりに使うことはできますか

A.山をお持ちのご家族には、その木を家づくりに活用することを推奨しています。手入れをしていないから・・と謙遜される方も多いですが、意外と使える材は多いものです。これまでに120件余りの山の木での家づくりを手掛けた専門スタッフが、持ち山に伺い活かせる木材をチェックしてご提案します。また新築にあたり伐採せざるを得なかった庭の木などを活用する方も多くいらっしゃいます。
ご家族の思い出深い家づくりを一番大切に考える工房信州の家だからこそ、一組一組の思いを汲んだきめ細やかな家づくりをお手伝いします。

参考ページ 参加型の家づくり「自分の山の木で家づくり」

 

Q.自然素材の家はお手入れが大変そう

A.ふだんのお手入れは掃除機など、一般的なお手入れだけで大丈夫。
キズや汚れがついたときの自然素材ならではのお手入れは、こちらの動画をご覧ください。手軽にお手入れできる素材であることがお分かり頂けるかと思います。

 

Q.吹抜けがあると寒くありませんか

A.リビング吹抜けに代表されるように、工房信州の家は「広がり間取り」の考え方のもと、空間のつながりを大切にしたプランニングをしています。これほど開け放した空間でも快適にお住まいいただけるのは、自然エネルギーを住まいに取り入れ住まい全体の温度差をなくす「エアパスソーラー工法」を採用しているからこそ。薪ストーブとの相性も抜群です。

参考ページ 「エアパスソーラー工法」開いた間取り、でもあたたかい。

 

Q.木造住宅の耐震性が心配です

A.木造は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比べて耐震性が低そうだとイメージされる方が多いですが、木造ならではの強みもあります。木は他の建築材に比べ重量が軽いため、地震時に受ける負荷が小さく、揺れが小さくなる特徴があります。
さらに、工房信州の家ではエアパス工法を採用していることで、一般的な在来木造住宅よりも高い耐震性を誇ります。その理由は、通気層を設けるための耐力壁があることで"面"で支える構造になっていること、柱と壁の直下率(一階と二階がつながる割合で構造的なバランスを評価する指標)が80%前後と高い数値であることなどです。
これにより、工房信州の家はすべて【耐震等級3(最高等級)】です。

参考ページ 「住宅性能と品質 1.耐震性」

 

Q.梁が割れていても丈夫ですか

A.木材の割れは繊維に沿った表面に発生しますが、これによる強度の低下などの影響は一切ありません。
木材は細い繊維が束ねられたような構造をしており、これを構成するセルロースは鉄の1/5の重量で5倍の強度があるというほど一本一本が強く、引きちぎれたりすることはありません。繊維方向の割れは、例えるならワイヤーの間が少し開いた状態であり、強度に問題はありません。
さらに、工房信州の家ではストックヤードで天然乾燥した材を構造材に用いています。天然乾燥材は色ツヤに優れるという特性に加え、ねばり強さという特性が高まり強度がアップすることが分かりました。表面割れが生じることもありますが、より質の高い木材をご提供しています。

参考ページ 「県産材 天然乾燥ストックヤード」天然乾燥材と人工乾燥材の強度比較実験

 

Q.エアコンが苦手なのですが・・

A.湿度が低く、朝夕に涼しい風が吹く、信州の夏。昼間の暑さは上手に逃がし、カラリと爽やかな気候だけを上手に住まいに取り入れることが出来れば、信州の夏にエアコンは不要だと私たちは考えています。現に、工房信州の家のエアコン設置率は7.6%と驚くほどの低い数値です。

参考ページ 「エアパスソーラー工法」エアコン設置率7.6%

 

Q.土間は何をする空間ですか

A.「土間サロン」は、リビングの一部でもあり、庭の一角でもあるあいまい空間で、アイデア次第で何をするのも自由です。例えば、次のような使い方をされているお客様がいらっしゃいます。その幅広い可能性を、ぜひフォトギャラリーでもご覧ください。

  • 家族がくつろぐリビング
  • 土足でかしこまらずおもてなしする客間
  • 汚れを気にせず趣味を楽しむ作業場
  • 家族の近くで団らんできるペットコーナー
  • 元気な子供たちが内外を自由に駆け回るあそび場
  • 自分の時間に没頭できる、男の書斎
  • 真夏でも爽やかに眠れる寝室

参考ページ1 「フォトギャラリー」土間サロンの暮らし特集

参考ページ2 「土間サロン」2013年度グッドデザイン賞受賞