ページトップへ

信州の匠を訪ねて

02 山守 川島潤一さん (山造り舎)

サラリーマンから山守へ 木の命を“うつしかえる”仕事


選木ツアーの案内役・川島潤一さん。
1967年、福岡県生まれ。奥様と3人の息子と賑やかに暮らす。

 

一期一会の山の魅力

 4月1日、工房信州の家の恒例イベント「選木ツアー」が行われた。

 山の雪解けを待って毎年春からツアーを開始するが、前夜から予想外の大雪が降り続いたこの日。悪天候に不安げな表情を浮かべる7組のお客様を前に「雪降る森はしんと静かで、今日しか味わえない神聖な雰囲気がありますよ」と笑顔で声をかけたのが、山守の川島潤一さんだ。

 山への愛と敬意に満ちた川島さんのお話に、お客様の表情もみるみる和らいでゆく。

 

 

脱サラしてゼロから歩んだ、山守の道

 「山守」とは、山主から依頼され山の管理全般をこなす、いわゆる「木こり」の仕事だ。

 芯のある川島さんは山一筋に歩んできたようにみえるが、実は畑違いの業界からの脱サラ。九州の大学で経済を学んだあと、全国転勤のある住宅設備会社で営業職に就き、転勤先の信州で山登りに興じながら「緑とともにある暮らしがしたい」と思い立った。

 サラリーマン時代との一番の違いは、お昼ごはんの時間だそう。自然の中で食べる愛妻弁当は「格別に美味しい」。

 山仕事の魅力にどんどんのめり込み、貯金を切り崩しながら修業を重ね、18年前に自ら「山造り舎」を起ち上げた。今の日本の林業は助成金ありきの一時的な間伐作業で終えるケースが多いが、ひとつの山を継続して管理維持するやり方を望む川島さんは、独立の道を選んだ。

 

 

木には二つの人生がある 命の“うつしかえ”

 山守の使命は、山の健康を守ることだ。特に人が植えた木は、人の手入れによってのみ生き延びる。

 選木ツアーでは、川島さんが10年以上管理を続けてきた山へと向かうが、周囲の山との明確な違いに誰もが驚く。一本一本の木が太く堂々とし、光に満ちた明るい山は下草までもが生命力に溢れている。

 「木は伐採した時点で死ぬのではなく、お客様の家で第二の人生をはじめる。命をうつしかえるという感覚です。伐採の現場にお客様が立ち会うことで、木への愛着を持ちながら一緒に暮らしていけたなら、とても尊いこと」。一本の木へ、山へ、そしてここまで育ててくれた人への感謝の気持ちが芽生え、涙するお客様も珍しくない。

 選木ツアーの取組みは今年で6年目、延べ参加人数は1000人を超えた。「信州の山の現状を体験してくれた方が県内に1000人も居るということ。やりがいがありますね」と力をこめた。