ページトップへ

設計デザインコード
-信州の四季とともに-

日本列島はその地域ごと、多様な気候風土があります。雪の多い新潟や、台風の多い鹿児島や、密集地である東京など、それぞれの土地柄にぴったりと合ったデザインで住まいづくりをするべきです。

しかし、全国展開のハウスメーカーが高いシェアを占めている日本では、全国どこでも同じデザインの住宅が建てられているのが現状です。

季節の移ろいが豊かな信州には信州に似合う、信州でしかできないデザインの住宅があるはずです。

地形、風土、敷地を知り、隣地の境界は遮へいせず、通風、日照がとれるよう配慮する。外まわりは、花木を上手に配置することで、周囲にとけ込む住宅になり、室内にいても季節を十分に感じることができます。また、夏は木陰をつくり、冬は日を室内に取り込む役割を果たします。信州の四季を快適に過ごすために、工房信州の家では設計デザインコードを定め、敷地に合った住宅をご提案しています。

設計デザインコード -信州の四季とともに-

設計デザインコード -信州の四季とともに-

→フォトギャラリーを見る。

 

工房信州の家 設計デザインコード

  • 四季を快適に過ごすために、地形、風土、敷地を知る
  • 地の境界は遮へいせず、通風・日照がとれるよう配慮
  • 沿道からは花木や中低木を配置し、季節感を演出
  • 道路からの進入部分には自然の素材感を感じる材料を採用

工房信州の家 設計デザインコード

 

  • エアパス工法による断熱材と小屋裏・床下換気口の設置
  • 山並みと調和する切り妻・大屋根のデザイン
  • 落ち着きがあり暖かさを感じる外壁色、一部に板張り採用
  • 耐震等級2等級(耐震強度1.25倍)
  • 災害時の避難所と位置づけられた施設と同等レベル相当

工房信州の家 設計デザインコード

 

信州に特化した住宅会社として、信州の恵まれた環境を住まいに活かし、また、信州の暮らしを存分に楽しむことのできる「信州らしい家づくり」を追求していきます。

工房信州の家 設計デザインコード