ページトップへ

松本展示場

松本展示場 DATA MAP 松本展示場 ご来場ご予約はこちら

松本展示場「木組み」

木や塗り壁のあたたかみある質感と、瓦の大屋根から風格が漂う、松本展示場。

生活スタイルや趣味嗜好が異なる二世代ともに納得の暮らしとは?
その一つの答えがここにあります。

 

松本展示場の特長
太い大黒柱と梁 土間サロンに水場 二世代ともに納得の設計

 

●リビング

リビング

リビング

リビングをその入口側から見るのと、薪ストーブのある和室側から眺めるのでは、この空間はまるで別物です。大きな吹き抜けのある広いリビングは気分がいいもの。ただ、ご年配の方のなかには、ときに閉じていない空間を「寒そう」「落ち着かない」と不安に思われる向きもあります。だから、視線の通り方に工夫をこらしました。

 

リビング

奥へ進むにつれキッチン、ダイニングが目に入るようになり、大黒柱の先の吹き抜けから2階までがつながり、広がり感をおぼえます。ひとつながりの空間なのに、室内のどこに腰を据えても、その場所なりの趣と落ち着きがあります。ダイナミックなのに、居場所を約束してくれる細やかな配慮がある。広がり間取りの真骨頂です。

 

●ITコーナー

ITコーナー

土間サロンからリビングを見たとき、ITコーナーに腰かけて眺めたとき、2階から屋内を見通したとき、実際に二世帯でこの家に暮らしている自分をありありと思い描いていただけるはず。水周りや生活スペースを共有しながら、二世代ともに納得の住まいに仕上がっているのは、「家は自分一人だけのものじゃない」という当たり前のことを、空間づくりで表現しているからかもしれません。

 

●土間サロン

土間サロン

松本展示場では、初の試みとして、土間サロンに水場を設けました。来客時にお茶を出すのが待ち遠しい設えになっています。

間取りづくりとは“空間づくり”。
すなわち、視線の通る長さや、
庭とのつながり方を考えることも
間取りづくりの一面です。

厳しい信州の冬に閉じこもりがちになっても、
室内に居ながら四季を感じ、豊かな暮らしを育む空間。
そして、冬を越えれば自然の風だけで快適に過ごせるのも
信州ならではの住まい方であり、窓を開けたときの風通しの良さも大切に考えました。

信州の素材を使い、信州の景観に馴染む住まいとしたことで、
「住まい手にとって優しいつくり」を目指しています。

松本展示場


 

松本展示場スタッフ紹介・ダイアリー

あわせてご覧下さい

スタッフ紹介

スタッフダイアリー にぼしの小言

イベント情報へ

 


松本展示場「木組み」
DATA

敷地面積  249.92㎡ (75.60坪)
延床面積  186.45㎡ (56.40坪)
1F面積  132.63㎡ (40.12坪)
2F面積   53.82㎡ (16.28坪)

設計監修/ 小林一元

小林一元 小林一元プロフィール

1953年、埼玉県生まれ。76年、東洋大学工学部建築学科を卒業後、連合設計市谷建築事務所に入所、建築家・吉田桂二氏に師事。
88年、一級建築士事務所小林一元建築設計室を設立。長野県飯田市の大平宿修復などに携わる。著書に『和風デザイン図鑑』『「ローコスト住宅」が危ない!』(ともにエクスナレッジ)ほか多数。

 

松本展示場「木組み」


 

MAP

住所/松本市渚3-11-5 松本住宅公園内
お問合せ先(株式会社フォレストコーポレーション 松本支店)
TEL/0263-31-5504
営業日/月・木・金・土・日・祝(火・水曜定休)
営業時間/10:00~18:00

Google マップで見る