ページトップへ

長野南展示場

長野南展示場 DATA MAP 長野南展示場 ご来場ご予約はこちら

長野南展示場「木組み」

恵み豊かな信州の田園風景に似つかわしく、悠然と構える二世帯住宅です。
屋内へ一歩足を踏み入れると、アカマツの太鼓梁やヒノキの七寸柱など
威風堂々たる構造美を身近に感じられ、特に土間サロンから見上げた姿は圧巻です。

そんな木組みの頼もしさと包容力のもと、
新たに提案する居土間も含めた広大な空間が、家族の寛ぎを約束します。

一方で、世代ごとの過ごし方にも細やかに配慮し、絆と共に互いの成長の物語も育んでいきます。

 

●居土間

居土間

居土間

居間と土間の中間だから「居土間」。土足で上がることを前提に、床には栗材を使用した。
この場所の存在で、居間から屋外へのアプローチがより緩やかになり、家族で過ごす時間は一層豊かになる。

 

●土間サロン

土間サロン

土間サロン

贅沢に広さを確保し、薪ストーブもここへ備えた。三和土の床も風情がある。
居間との間に建具を設けず、より日常的に信州の自然や庭を楽しめる。

 

●座の間

座の間

 

伝統的な和風住宅の座敷ほど形式ばらずに使えて、しかも客人をもてなすにふさわしい品格もある。

 

●寝室+広縁

寝室+広縁

床から一段上げた畳敷の寝室。京壁の色合いも渋い。親世代が使うことを前提に、そのプライベートにも配慮して、表に面して広縁も設けた。

 

●書斎

書斎

 

親世代の寝室の奥のミニ書斎は、床に柿渋を塗り、天井は和紙で仕上げた。
落ち着きある大人の空間で、創作活動や読書に勤しむのにふさわしい。

 

●共用の間

共用の間

 

●木製キッチン

木製キッチン

 

●浴室

浴室

 

長野南展示場スタッフ紹介・ダイアリー

あわせてご覧下さい

スタッフ紹介

スタッフダイアリー 竹頭木屑

イベント情報へ

 


長野南展示場「木組み」
DATA

延床面積/ 214.47㎡ (64.87坪)
1F面積  152.37㎡ (46.09坪)
2F面積  62.10㎡ (18.78坪)

設計監修/ 小林一元氏

 

小林一元 小林一元プロフィール

1953年、埼玉県生まれ。76年、東洋大学工学部建築学科を卒業後、連合設計市谷建築事務所に入所、建築家・吉田桂二氏に師事。88年、一級建築士事務所小林一元建築設計室を設立。長野県飯田市の大平宿修復などに携わる。著書に『和風デザイン図鑑』『「ローコスト住宅」が危ない!』(ともにエクスナレッジ)ほか多数

 


 

MAP

住所/長野市篠ノ井小森510‐3 SBC長野南ハウジングパーク内
お問合せ先(株式会社フォレストコーポレーション 長野支店)
TEL/026-214-2660
営業日/木~日・祝
営業時間/10:00~18:00

MAP

Google マップで見る