北信濃ブログ

Staff Blog 北信濃ブログ

バラの花

2008/08/05(火) 過去記事
バラの愛好家は多く、バラを壁やアーチ、パーゴラへとつるを伸ばして絡めて変化をつけたり、他の花との組み合わせて豪華な庭にしたり、手をかけてマイガーデンに仕立てています。

バラの庭は華やかでひと際目を引きますね。

手入れは大変だと聞きますが、我家も去年からバラを育てており、
まだまだ初心者マークの甲斐ですが、毎朝アブラムシ退治をせっせとやってます。

バラの花には名前がついていて

我家はリッチな香りの「ルイーズ・オーディエ」(ピンク)と紅茶の香りの「レディ・エマ・ハミルトン」花が咲くととても強い香りを放つイングリッシュローズ。横を通ると香りに包まれ、なんともふわっとした気分になり、その香りは庭全体に漂いびっくりです。

バラの花の名前には、品種を誕生させた親の思いが込められているようで何とも花に主張あり、さすがバラでございます!

さてさて
6月に咲いたものが2度目の花をつけました。
1度目より花が小ぶりになり、香りも弱くなりますが頑張ってシュートが伸びています。

長い間楽しませてもらいましたが、真夏にきてそろそろバラも終わりの時期。
終わりの時期にはお礼に肥料を施すのだそうです。

来年また大きな花をつけてくれますように最後まで大事に大事に育てましょう。

記事一覧|2008年8月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ