移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

軽井沢別荘地「小倉の里」編 定住者が多い。管理費ゼロ。その訳は?

柄澤 忠祐 柄澤 忠祐
2020/08/10(月) 軽井沢への移住

2020年4月開校した風越学園に徒歩圏内の小倉の里別荘地のご紹介です。

場所はこちら↓↓↓↓↓↓↓軽井沢駅から車で10分(約6km)です。

小倉の里は1969年に長野県が分譲を開始し令和元年には50周年を迎えた歴史ある別荘地です。

全体の区画数は380区画あり町内でも大型な別荘地の部類に入ります。

長野県が分譲をした別荘地ということで、土地建物を所有する管理費はゼロ、なのが魅力です。

自主管理なので、お話を伺うと定住の住民同士の結束感が強いように感じます。

風越学園が出来たことでそのコミュニティーも出来始めているようで

定住にもお勧めの別荘地です。

インフラについては、道は町道(舗装・未舗装あり)・上水は町営・下水は無しのため浄化槽です。

 

小倉の里のある「発地」エリアには町営の様々な施設があります。

多種多様なスポーツが可能な風越公園(かざこしこうえん)

 

朝採れ野菜が安くて美味しい!直売所の発地市場(ほっちいちば)

自然とアートとレジャーを楽しめる塩沢湖畔の「軽井沢タリアセン

人気が出てきているという事もあり坪単価は上昇傾向です。

もし気に入った土地があったら小倉の里は早めの予約を!(2020年8月11日現在)

 





記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ