イベント報告

◆終了しました

「森の勉強会」?信州の木で信州の家をつくろう?

日時平成19年2月12日(月・祝) PM1:30〜PM4:00
場所南箕輪村民センター
●イベント内容 <総合司会 武田 徹氏>
-----------------------------------------------------------   第1部  C・W・ニコル氏と武田 徹氏対談「ニックと徹の森・森トーク」
-----------------------------------------------------------   森の再生活動や文筆活動で有名なC.W.ニコルさんと、フリーパーソナリティーの武田徹さんに、森とともにある暮らしについて、ニコルさんの写真の紹介も交えながらお話していただきます。私たちを取り巻く信州の森について、いっしょに考えてみませんか?(※写真 左上:武田 徹氏、左下:C.W.ニコル氏)
■□■出演者プロフィール■□■
≪C.W.ニコル氏≫
1940年英国ウェールズ生まれ。17歳でカナダへ渡り、その後カナダ水産調査局北極生物研究所の技官として、海洋哺乳類の調査研究にあたる。80年に長野県黒姫に居を定め、以降執筆活動をしている。95年日本国籍を取得。2002年自ら荒れた森を購入し、生態系の復活を試みる作業を16年間行い、財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団を設立。
主な著書は、「ティキシー」「勇魚」「風を見た少年」「盟約」「遭敵海域」「裸のダルシン」「魂のレッスン」「誇り高き日本人でいたい」他、多数。

≪武田 徹氏≫
「つれづれ遊学舎」主宰/1946(昭和21年)長野市生まれ。早稲田大学時代にはジャズクラブで全国行脚。69年に信越放送(SBC)に入社し、報道部員を経て番組プロデューサー・ディレクターに。98年退社、「つれづれ遊学舎」を設立。
主なレギュラー番組は、SBCラジオ「言葉はちから ?朗読なかま大集合?」(土曜午後4時30分?)のほか、「武田徹のつれづれ散歩道」(土曜午前9時5分?)、他。
主な著書は、「痛快 父子血風録」「信州つれづれ紀行」「流行歌つれづれトーク」「武田徹のつれづれ交友録」など。

-----------------------------------------------------------
第2部  パネルディスカッション
-----------------------------------------------------------
関係方面の方々にそれぞれのお立場から県産材利用の重要性と、信州の木で信州の家をつくる場合の課題となっていることを話し合っていただきます。

■□■パネラー■□■
・長野県林務部
  信州の木活用課長    河合 博 氏
・山造り舎           川島 潤一氏
・都築木材?副社長     都築 寛明氏
・菅沼木材?専務      菅沼 久 氏
・?フォレストコーポレーション社長 小澤 仁

***コーディネーター:毛賀澤 明宏氏(フリージャーナリスト)


-----------------------------------------------------------
●主催:?フォレストコーポレーション
    信州の家は信州の木で「工房信州の家」づくりグループ

●後援:長野県・伊那市・南箕輪村
     信濃毎日新聞社・長野日報社・伊那毎日新聞社・週刊いな・伊那ケーブルテレビジョン

●入場:無料。全席自由。
    ※ただし入場整理券が必要となりますので、ご希望の方は下記までお申し込み下さい。

●受付・お問い合わせ 
森の勉強会係 フリーダイヤル:0120-78-2333
ページトップへ