イベント報告

◆終了しました

『信州の森 ひなたぼっこツアー』を開催しました!

10/10(祝)、7組のお客様にご参加いただき、山の木の伐採とご自分の山の木で建てられたお宅の入居宅見学ツアーを実施しました。

長野、松本、諏訪、伊那と、県内各地のお客様にお越しいただきました!

午前中は山についての勉強会を開き、午後からは『自分の山の木で家を建てよう』プロジェクトのモデルにもなっているM様邸の入居宅をご覧いただきました。丸太の柱丸太の梁、迫力があります!!そのすべての材料がご自分の山の木というのだから本当に驚きます。さらには、家具材も山の木を使用されていらっしゃるとか・・ 

 ←M様邸の木組みを興味深く眺める参加者の皆様

M様もとても楽しく暮らされている様子でした。ご覧いただいた皆様も、「香りがとても良くて、すごく居心地のよいお宅ですね」とおしゃっていました。

そして、いよいよ山へ・・

山に入ってからは、当社でも薪の調達でお世話になっているNPO法人「森の座」の西村さんにも合流していただき、山の散策がスタート!その途中、手入れをされていない山を見ながら、皆様からたくさんの質問が寄せられました。その一部をご紹介します。

 ←間伐されない山

参加者「この辺りの木はこれ以上大きくならないのですか?」

西村さん「そうなんです。間伐がされないと木が密集してしまうため、上の方にしか葉がつきません。下の方は枯れてしまうのです。木は葉で栄養分を作っているので葉がたくさん茂っていないと太れず、細いまま背丈だけが伸びるようになります」

参加者「では、この木はどのような用途になるのですか?」

西村さん「せいぜい薪として使えるくらいです」

参加者「もったいないですね・・」

皆様が、今の山の現状に気付き始めた瞬間でした。

 ←間伐されたM様の山は、光が差し、緑が茂っています

メインの伐採では、実際に皆様にもご参加いただき、その迫力に感動されていらっしゃいました。皆さん、「楽しかったよ」とおっしゃって下さり、この企画をやってよかったなと感じました。

今回の伐採ツアーは定期的に行っていきたいと思いますので、ぜひ今回お越しいただけなかった方は次回のご参加をお待ちしております。

ページトップへ