【NEWS一覧】

工房信州NEWS

住宅雑誌「チルチンびと 山梨・長野版」2015

環境・風土と共生する木の家の情報発信でお馴染みの季刊誌「チルチンびと」から、このたび甲信越版が発刊されました。

移住したい県を調査すると、1位、2位を常に争うこの両県。

その人気のヒミツを、「“海なし県 ” 山梨・長野の気候風土」と題して、榊原保志・信州大学教授が、こう分析しています。

………

都会に住む人にとって、空気や水、果物が美味しいことも魅力の一つである。3月末には都会では桜の花見でにぎわうが、当地域では桜だけでなく、桃、リンゴ、杏などの花見ができる。そこは、桃源郷という言葉にふさわしい場所である。また、たくさんの温泉が存在する。目の前に見られる青々した山の景色、冬季には雪景色を見ながら露天風呂に入るのも格別である。これらのものは甲信地区の気候風土がもたらしたものである。

………

そんな恵まれた信州の気候風土を住まいに取り入れる「工房信州の家」の取組みを、網羅的に紹介していただいています。

山から始まる家づくり物語「選木ツアー」「自分の山の木プロジェクト」、家族の物語を彩る「ひとてま工房」、信州を満喫する方法「土間サロン」「薪ストーブ」「エアパス工法」などなど、読みごたえは十分!

 

ご希望の方には貸出もできます。

担当スタッフまたは お問合せフォーム よりご連絡ください。

工房信州NEWS|【NEWS一覧】

ページトップへ