【NEWS一覧】

工房信州NEWS

エアパス免震住宅 5年目定期点検

 エアパス工法を活かした免震住宅の5年目定期点検を行いました。
 この5年間で大きな地震は3回ほどあり、建設地の松本市では震度3?4が記録されました。
 免震層には簡便な計測装置を設置してありますが、確認の結果、免震装置自体の動きはありませんでした。
 免震装置は震度5程度から働くよう設計されています。
 あまり小さな揺れから働くようだと、ちょっとした大風を建物が受けただけでも動くようになり、日常生活にも支障をきたす場合があるからです。
 免震装置の働きを見たい反面、そんな大地震が発生しないことを切に願います。
            <本社・小宮山>

工房信州NEWS|【NEWS一覧】

ページトップへ