最高レベルの耐震性

耐震等級について、環の住まいの必要等級は「等級1」、長期優良住宅は「等級2」となりますが、
“工房信州の家”は、最高等級の等級3を標準で取得しています!

耐震等級は、建築基準法が定める基準に対する強さで評価されます。

耐震等級の基準

避難施設以上の強い家

等級3 建築基準法レベルの1.5倍
地震に強い3つの理由

 

 壁量や壁配置のバランスが決め手

下の図は、構造計算ソフトを用いて、等級3を満たすように構造材を配置したサンプルです。

壁の偏りのない配置を実現するために、建物の編心を確認したり、床・屋根のかたさを示す床倍率の確認をします。そして様々な角度からチェックを行い、総合的にバランスの取れた建物が「等級3」と判定されます。

ホームズ君 壁配置
ホームズ君 壁配置

ホームズ君壁量計算
ホームズ君壁量計算

 

 

等級1と等級3は、どれほど違うのか?

耐震等級1と等級3では、地震が起きた場合、建物の揺れにどのような違いがあるか。
揺れ方の比較動画を見てみましょう。

ホームズ君 地震被害想定

左:耐震等級3   右:耐震等級1
極めて稀に起こり得る(数百年に1回は起こり得る程度)の大きさの地震にてシュミレーション

同じ地震でも、等級1と等級3とでは揺れ方がこれほど違います!!

等級1の建物は揺れに耐える力が弱いため、左右に大きく揺れています。
一方、等級3の建物は、強さを増した壁・床によって揺れを軽減できていることが分かります。

また揺れを止めた後も、等級1の建物は衝撃を受けた分、大きく傾いてしまっています。

このように揺れに大きな差が生まれると、実際の建物が受ける被害と中に居る人間への危険性はどれほど変わってくるか・・・比べればやはり、等級3の建物にしたいと思いますよね。

 

 

安心はまず基礎から

"工房信州の家"は、頑丈なスラブ基礎です。細かな間隔で基礎配筋を組み、全面をコンクリートで覆います。
建物はコンクリート版に載る形状になるので横揺れ(水平力)に強く、地震が起きても基礎が一体となって動くことで建物損傷を抑え不同沈下に対しても効果的です。

地味かもしれませんが、実はとっても自慢の"工房信州の家"の基礎。是非一度現場でご覧いただきたいポイントです。

安心はまず基礎から

安心はまず基礎から

 

 

軸組構造+耐力パネルによる耐震性

全棟にエアパスソーラー工法を採用している"工房信州の家"。
壁の中に通気層を設け、太陽熱と自然の風を利用するエアパスソーラー工法は、実は地震に対しても大きな力を発揮するのです。

粘り強さのある長野県産の無垢材で梁・柱を組み合わせて骨組みをつくり、壁には耐力壁(地震などで建物にかかる水平力に対抗するための壁で、間仕切壁とは区別される)を外張りしています。

伝統工法による「木造軸組」に「壁面強度」を融合させることで、建物の変形を抑え揺れに耐えることができ、通常の在来木造住宅に比べてはるかに高い耐震性を備えているのです。

軸組構造+耐力パネルによる耐震性

軸組構造+耐力パネルによる耐震性

軸組構造+耐力パネルによる耐震性

軸組構造+耐力パネルによる耐震性

しかし、だからと言って、ただたくさん壁を作れば良い家になるかと言えば、決してそうではありません。

信州の豊かな自然と住まいをつなぐ気持ちの良い開口部を犠牲にすることなく、基本構造(架構)をしっかりと守り、バランスよく耐力壁をつくり強度を保つ―。
エアパスソーラー工法に特化して実績を積んだ"工房信州の家"だからこそ、その設計・施工技術に自信をもっておすすめできるのです。

 

 

耐震等級3のための施工方法

ホールダウンアンカー

ホールダウンアンカー

筋かい

筋かい

面材耐力壁

面材耐力壁

鋼製火打金物

鋼製火打金物

検討した図面をもとに、現場ではホールダウン金物(基礎と土台を筋結する)、火打金物(床・屋根面の隅角部に設置)、筋かい、面材耐力壁、柱梁を接続する金物等を設置していきます。

このようにして、計算した強さを確保できるように施工します。

 

 

木造住宅の強さの秘密

そもそも、木造住宅は地震に弱そうなイメージを持っていませんか?

実は、木材は、鉄よりもコンクリートよりも"強い"のです。
これは、木材が他の材に比べて圧倒的に"軽い"ことに関係しています。
同じ建物をつくるときにも、材料によって建物の重さは変わります。
地震の時に受けるエネルギーは建物の重さに比例するため、同じ震度でも建物が軽ければ軽いほど、受ける負荷は小さくなるのです。

また、それぞれの材について、重さ当たりの強さを比較してみましょう。
下の図は、材料を引っ張って引きちぎれにくいか(引っ張り強さ)と、材料を押してつぶれにくいか(圧縮強さ)の二点について比較したものです。
同じ重さで比べると、例えばスギ材の引っ張り強さは鉄の約4倍、圧縮強さはコンクリートの約6倍になります。
つまり、鉄やコンクリートが木材と同じ強度を確保するには、木材の何倍もの重さが必要ということになります。

地震に強い住宅をつくるなら、"軽さ"と"強さ"を兼ね備えた木材が一番なのです。

各種材料の重さあたりの強度比較

各種材料の重さあたりの強度比較

各種材料の重さあたりの強度比較

コンセプト|住宅性能と品質

ページトップへ