お宅訪問記

フォーム別|すべて

職人手づくりの自然素材の家で、地域とつながる暮らし

2012年1月号 松本市T様邸

【人とつながり、生活が広がる、庭のある暮らし】

コッパ・・・手入れが行き届いたきれいなお庭に、アースカラーの外観が馴染んで、とっても素敵なお住まいですね!

ご主人・・・ありがとうございます。このお庭は私たち夫婦だけでやっているわけではなくて、ご近所や知人の皆さんの力をたくさん借りながらつくっているんですよ。アパート暮らしにはなかった外での生活を楽しんでいると、自然とご近所の方とも接点ができてきますね。たっぷりの野菜のおすそわけもよくいただきます(笑)。

奥様・・・お庭や畑の話題を通して、ご近所の方とのつながりが深まって、暮らしの幅が広がっていますよ。

コッパ・・・外から眺めているだけでも、充実した暮らしぶりが分かるようです!

 

【職人手づくりのあたたかみのある家】 

コッパ・・・家づくりを考え始めたころから、どんな家にしたいというイメージはありましたか?

ご主人・・・よくあるプレファブ式の家づくりに違和感を持っていて、手づくりのあたたかみある家を建てたいと思っていました。何社か展示場を見に行きましたが、工房信州の家の展示場は、まず玄関を開けたときの匂いが他と全く違いましたね。五感で良さを実感できました。

 

【自然素材の家だからこそ、人柄が安心感につながった】

コッパ・・・一歩踏み入れた瞬間に、違いを感じていただけたんですね!工房信州の家に決めていただいた理由は、やはりその「匂い」や「居心地」の良さだったのでしょうか?

ご主人・・・もちろん家自体の魅力は大きな決め手でしたね。

奥様・・・それに加えて、工房信州のスタッフの皆さんや職人さんもとても誠実に丁寧な説明をしてくれたことが、安心感につながりました。私たちは住宅の知識はほとんどありませんでしたから、誠実な姿勢を見て、全面的に信頼してお任せすることができました。

ご主人・・・家づくりに携わっていただいた皆さんから、工房信州の家の魅力に新たに気づかせていただくこともありましたよ。無垢の木の狂いなど、最初は悪いことのように感じて心配でしたが、職人さんの話を聞くうちに“木が生きている証拠”と感じるようになりました。

奥様・・・自然素材ならではの変化の様子を見て暮らしていくことは必ず必要ですが、引渡し後の点検もしっかりとしてくれるので安心しています。

 

 

 

 

 

 

【真似のできない“本物の工房信州の家”】

奥様・・・実は打合せをしていた時期に、知人から大工さんを紹介され「工房信州のような家を建ててあげるよ」と言われたことがあったんです。

コッパ・・・えっ、そんなことが!?

ご主人・・・はい。でもいくら“同じように”建てようとしても、一朝一夕に真似できる家ではないと感じていました。県産材をはじめとする自然素材や信州の気候を利用するエアパス工法など、地元ならではの家づくりに特化して実績を積み上げている“本物の工房信州の家”が建てたいという気持ちは揺らがなかったです。

コッパ・・・そんな風に言っていただけるととっても嬉しいです!!実際に暮らし始めて、お住まい心地はいかがでしょうか?

ご主人・・・とっても快適ですよ。住んでみて一番感じるのは“空気の良さ”でしょうか。普段は薪ストーブしか使っていませんが、たまに石油ファンヒーターを使ったりすると、アパート時代には感じなかった臭いが気になったり…。

奥様・・・普段はもう慣れてしまって意識しませんが、ふとしたときに室内の環境の良さに気づかされます。贅沢なイメージがあるかもしれませんが、“本物”ならではの良さがいっぱいありますよ。

 

■コーディネート担当の大澤より・・・

この土地を見守ってきた梁と柱を使いたい!というお話を聞いたとき、とても素敵だとわくわくしたことを今でもよく覚えています。T様のお住まいのシンボルであるこの梁が、シンプルな間取りや内装に良く映える、T様だけの特別なおうちになりました。

フォーム別 - すべて にある

その他のお宅訪問記

ページトップへ