お宅訪問記

フォーム別|すべて

20社ものメーカー見学の末に辿り着いた、自然の力を活かす家

2006年7月号 箕輪町O様邸

コッパくん・・・家を建てられる前に展示室をよく見に行かれましたか?

ご夫婦・・・各メーカーの展示場は立派すぎたので、完成住宅をよく見に行きました。"建て坪40坪前後、木造"の条件で見ていました。
「工房信州の家」に出会ったのは、たまたま農道を通っていて、見学会の看板を目にしたんです。ちょうどSEASON南原分譲地で構造現場と完成住宅の見学会をしていたので見に行きました。

◆風除室のあるお宅でした!
家のまわりが田んぼで風をさえぎる林などがないということで風除室を設けられたそうです。





和室って日常使わない部屋になりがちですよね・・・。
↓解決策
リビングとつないで洗濯物をたたんだり、ゴロゴロしたりできるスペースに利用。

こちらのお宅では、元気な男の子2人いらっしゃいます。和室の下の収納にはおもちゃを入れているそうです。







◆こんな暖房器をお使いでした。
深夜電力を使って熱をためて、日中その熱を輻射とファンで放出する暖房機です。

◆温・湿度計がありました!
ダイニングの壁に温・湿度計をかけていらっしゃいました。
他のお客様で取ったデータをHP「エアパス日記」で掲載中です。
www.kobo-shinsyu.com へ!!

◆吹き抜けの上は、ロフトになっていました。
お子様の遊び場としても大活躍。
1階と2階を完全にシャットアウトするのではなく、格子をつけて様子が分かるように。



子供部屋をゆくゆく仕切れるように初めから戸を2つつけてあります。









1階ダイニング上からの写真です。

お子様もトントンと簡単に登り降りができます。



コッパくん・・・どんな家に住みたいと思っていましたか?

奥様・・・はっきりどんな家に住みたいとは思っていなかったんですよ。見ていく中で設備の違いを気にしていました。

コッパくん・・・「工房信州の家」で家をつくられた決め手は?

ご主人・・・以前アパートに住んでいて湿気がとても気になっていたんです。エアパス工法は、壁の中に空気が通っていたりと湿気対策も考えられている工法だったので決めました。

奥様・・・でも、24時間機械を使っている工法にはしたくなかったので、自然の力を利用している所が良かったです。

コッパくん・・・お住まいになっていかがですか?

ご夫婦・・・新築にしたときの、あのツーンとするにおいがなくて良いですね。
家に来る人たちは「木のにおいがするね?。」と言ってくれますが、私たちは日常のことなので慣れてしまいました・・・。
湿気もそんなに気にならなくなっています。

◆これから、家づくりを計画されている方にアドバイスをお願いします!
家を建てよう!とメーカーを決めてからの準備期間が結構長かったです。追加注文が発生しないように考えたり、子供の世話もしながらだったので。
あと、住宅に関する本を20冊ほど読みましたが読みすぎも・・・。考えすぎても良くないですよ。
施工例を見て、自分たちにあった家づくりをして下さい。

フォーム別 - すべて にある

その他のお宅訪問記

ページトップへ