一覧(すべての記事)

住まいのお手入れ

冬モード4(凍結防止)

<水抜き水栓柱>
水栓柱の上部のハンドルをがあり、90度回すと水道管の中の水が抜けます。
その後、蛇口は全開に開けて下さい。水道管の水がスムーズに抜けます。

蛇口にホースを繋いでいる場合も、冬期は外して、凍結による破損をふせぎましょう。

<ボイラー>
夏場とは違って、特に注意してください。
浴槽内の水(お湯)を追い炊き口より少し上まで、溜めておいて下さい。
ボイラーは約4℃以下になりますと、凍結予防の為循環ポンプの運転を始めます。
このときに水またはお湯が残っていないと運転できず、ボイラーの故障へと繋がります。

又、凍結防止ヒーターを節電のためにコンセントを抜いたままになっていませんか?
コンセントがしっかり差し込まれているかも確認して下さい。

 

住まいのお手入れ|一覧(すべての記事)

ページトップへ