一覧(すべての記事)

住まいのお手入れ

梅雨の季節

梅雨の時期、雨が続いて、洗濯物を室内干ししている方も多いでしょう。
室内干しが続くと、室内の水蒸気量が増え、結露やカビやダニ等の発生要因が揃います。

梅雨の合間の晴れの日には、わずかな時間でも窓を開け、室内に風を通しましょう。部屋の隅や・物入れ・下駄箱等、空気がよどみ、動かない箇所に、風が通るようにしてください。
風が通りぬけやすいよう2箇所を開けて風の道を作ってあげることがポイントです。

逆に、雨の場合に窓を開けると、室内を加湿してしまいますのでご注意ください。

また除湿機を利用することで、洗濯物の乾燥や、室内の除湿も有効です。
快適な室内環境を保つための最低限必要な使用とします。

写真は除湿機内のタンクです。約半日でタンクがいっぱいになります。
室内の水蒸気が、こうして水になって目でみえると驚きます。

住まいのお手入れ|一覧(すべての記事)

ページトップへ