一覧(すべての記事)

住まいのお手入れ

ローマンシェードカーテンのお手入れ

定期点検の際に、ローマンシェードカーテンのお手入れ方法について尋ねられました。

普段のお手入れでは、軽く振りはたく、軽く掃除機をかけるかしてコマ目にホコリを落として下さい。
汚れがついたら、即座に拭き取りましょう。
部分的な汚れであれば、汚れの種類によって漂白剤などでしみ取りをして下さい。

残念ながら商品によっては洗濯できないものがございます。
商品に付属しているお取り扱い方法を確認して頂くか、取り扱い絵表示に従って下さい。

レースカーテンなども、ほこり・湿気、この時期は花粉も付いて汚れています。
年に1・2回お手入れしたいものです。

≪レースカーテンのお洗濯方法≫
適当な大きさにたたんで洗濯ネットに入れ、水量は最大で、弱水流または手洗いの設定にします。
脱水は、30秒程度(長いとシワの原因となります。)
この後、物干し等に干すと型崩れの原因にもなりますので、風通しをよくし、生乾きの状態で、カーテンレールに吊って乾かします。
このとき、多少の水滴が落ちても良いように床に何か敷いておくと良いでしょう。
 

住まいのお手入れ|一覧(すべての記事)

ページトップへ