一覧(すべての記事)

住まいのお手入れ

日差しを遮る

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。
冬はいかなる所にも住まる。暑きころ、わろき住居は堪へがたき事なり。」
昨日読んだ本の中に書かれていました。
600年以上も昔、徒然草で吉田兼好が言っています。
夏を中心にして、冬を暖かく過ごせる家。
それが理想だと昔から、日本の家の在り方だと考えられていたのですね。

曇りや雨、そして蒸し暑い日が続きますが、エアパス工法の力が最も発揮されるシーズンでしょう。

エアコンの使用で温暖化を進めるより、
窓から入りこむ日差しを遮るような工夫をしましょう。

日を室内に入れない…すだれ、よしずといった昔からの知恵。
庭木、あさがお、ヘチマなども風情があってよいですね。
また、遮熱カーテンの利用で窓から部屋に入る太陽熱を大きく遮断してくれます
家の中に外からの熱を取り込まないようにしようという工夫が大切です。

住まいのお手入れ|一覧(すべての記事)

ページトップへ