一覧(すべての記事)

住まいのお手入れ

リモコンの点検方法

シーリングファンやエアコンが動かないという修理受付時に、
先ず、確認させて頂くのはリモコンの作動です。
リモコンの修理と本体の故障とは修理の依頼先が違ってきます。
故障原因が特定できれば、その分早い対応が可能です。

まずは、リモコンの故障を疑ってみましょう。
リモコンが電池切れではないですか?
リモコン発信部が汚れていないか?などを確認してください。

リモコンから発信されている赤外線が、正常に動作しているかを点検しましょう。
?携帯電話のカメラやデジカメを作動させて、リモコン発信部が見えるように構えます。
?リモコンのスイッチをONにして、画面上に光が見えれば、リモコンは正常である可能性が高いです。

赤外線は人間の目では見ることができませんが、カメラではそれを捉えることができるのです。

上記のチェック方法で正常な場合は、本体の故障が考えられます。その旨を修理依頼時にお伝え下さい。

住まいのお手入れ|一覧(すべての記事)

ページトップへ