お宅訪問記

フォーム別|すべて

土間リビングに憩う家

中川村F様邸/ご夫婦、娘さん、息子さん

子育てを終え、夫婦二人暮らしのための住まい。
けれど、想像以上に人が集まり、暮らしの楽しみが広がる家になりました。
ご夫婦の人柄を表すかのように懐の深い土間サロンが印象的なお住まいを訪ねます。

 

子どもが巣立ち、はじめての家づくり

奥 様 長くアパート暮らしをしていましたが、転勤や子どもの学校の問題で家づくりは先送りしていました。
末っ子が進学で巣立ち、夫婦二人暮らしになったのがきっかけで、新居を建てることを本格的に考え始めました。

ご主人 まずは飯田の住宅公園をフラフラと見ましたが、どこも豪華で住むイメージは湧かず‥。ピンと来たのは、HPで見つけた工房信州の家の土間サロン。半屋外が楽しそうだなぁと。土間と無垢の木もよく似合って、和風過ぎないのも良かったです。
はじめての家づくりは漠然と不安でしたが、工房信州の家は最初からコミコミの単価を教えてくれ、安心して進められました。

奥 様 打合せ中は毎日夫婦で話をして、アパートにビニールテープを張って広さを確かめたり、楽しかったですね。
独立した子どもたちに家を建てると話したら、じゃあ一緒に住んでやるよと戻ってきたのは予想外でしたが(笑)。おかげで私たちの寝室は和室になりましたが、目が覚めてリビングに目をやると「ここは展示場?」と思うほど素敵で、毎朝嬉しいです。


ご夫婦が寝室にしている和室。桜色の和紙張り天井がお気に入りだそう。飾り棚には、お母様手作りのパッチワーク作品が!

バランスの良い切妻屋根と、明るいカラーリングで、軽やかな印象の外観。

和室から眺める土間リビング。

冬あたたかい、幸せ

ご主人 実際に住み始めて、まず、冬あたたかいのは幸せを感じますね。
吹抜けと階段で暖かさがうまく循環して、家じゅうスリッパいらず。夏は風通しもバツグンで気持ちが良いです。
念願の土間は作業も気兼ねなくできるし、人が集まるときにも広がりが持てます。夏はビアガーデンとして涼むのも最高ですよ。

奥 様 私はお風呂上りに薪ストーブ前で顔パックしながらまどろむ時間が至福。脳みそが溶けそうなほど心地よいですよ(笑)。
薪ストーブを工夫しながら焚くのも楽しくて、温度計を二つ置いて研究中。この冬は朝も17℃を下回ることなく過ごせました。


オープンな土間サロンは和室とのつながりも濃密。靴のまま腰かけてくつろぐのにも便利で、どんなシーンでも広々使える。

ダッチウェスト社のフェデラルコンベクションヒーター。薪ストーブ前は奥様の特等席!

土間サロン前は広い庭と畑、その先にはアルプスの山並みが望める。

 

アウトドアレジャー感覚で薪づくり

ご主人 薪は、近くの山の間伐がてら作って、今シーズンは立木30本ほど伐りました。
近所の人とも連携ができて有難いですね。

奥 様 薪づくりで山に行くときはドリップコーヒーやおやつを持参して、アウトドアを楽しむ気分で行くのが良いです。
山で淹れるコーヒーは本当に美味しいですよ。

ご主人 自分で家に手をかけることが楽しくて、薪置き場や薪割りの土台を作ったり、物干しを作ったり。
今後は棚も作りたいし、まだまだやりたいことがたくさんあって、これからの暮らしが楽しみです。


板張り天井が素敵なキッチンダイニング。まっすぐの作業動線で配膳もスムーズ。

二階のオープンな書斎コーナー。里山を眺める開放的な空間で、ご主人の読書や、娘さんの朝の身支度にも活用されているそう。

造作洗面のタイル貼りは、ご家族皆さんで手作り!手元に窓を設けたことで、自然光の明かりが嬉しい空間に。

東側にはウッドデッキを設け、リビングとダイニングから行き来ができる。

 

 瀧本風子

毎回、お腹がよじれるくらい笑いながら打合せをしました。完成したお住まいも、笑顔あふれるF様を表した素敵なお宅です!

 

Data
建設地/上伊那郡中川村
竣 工/2018年4月
延床面積/32.05坪
Staff/営業 瀧本風子、プランナー 小川貴司、コーディネーター 奥村瑠美、施工 赤羽和樹 


もっとご覧になりたい方へ、実例集5冊セットをプレゼント!

お客様の暮らしぶりが見える大きな写真と、
家づくりの経緯から住み心地まで分かるインタビュー記事。
合わせて35軒の実例がまとめ読みできます!

カンタン資料請求

フォーム別 - すべて にある

その他のお宅訪問記

ページトップへ