お宅訪問記

フォーム別|すべて

暮らしに馴染んで、周りの景観にもよく似合う

住宅雑誌住まいnet信州 茅野市の家

家族が集う『土間サロン』

 

眺望のいい高台に建つ別荘のように

せっかく信州に暮らすなら、毎日のなかで山々の眺めを楽しんだり、四季をそばで感じたいと思う。それには、自然や人に気負うことなく寄り添うこと。そんな無垢な心を教えてくれる、風通しのよさ、屈託のなさを思わせる家。

工房信州の家のこだわりである『土間サロン』に、キッチンと薪ストーブをもうけた

W邸では、工房信州の家のこだわりである『土間サロン』に、キッチンと薪ストーブをもうけた。薪ストーブは土間にある方が取り扱いが楽で安心だし、キッチンと同じフロアにあれば料理にも使いやすい。気軽さの中にも機能性を追求したアイデアが光る。

ご主人がこだわった玄関ドアで、別荘をイメージさせるテイスト  

ご主人がこだわった玄関ドアで、別荘をイメージさせるテイスト

ご主人がこだわった玄関ドアで、別荘をイメージさせるテイストも加わった。板壁にした1階の外壁とも相性がいい。

 

暮らしに馴染んで、周りの景観にもよく似合う

暮らしに馴染んで、周りの景観にもよく似合う

個性を魅力的に見せるためには、いくつか条件がある。まず「あ、そうきたか」という驚きがあること、次にそのスタイルがちゃんとこなれていること、そして、どうにかして真似てみたい、と見る側の心を動かすことだ。

W邸はちょっと変わっている。つくりのいい玄関ドアを開けると、靴脱ぎがなくて、すぐにもう一枚引き戸がある。その先は『土間サロン』になっていて、直接リビングや畳スペースへ上がる。普通の家に見られるようないわゆる玄関はない。その代わり、『土間サロン』が玄関であり、薪ストーブの置き場所であり、そしてキッチンでもある。その割り切り方に「やられたな」と感じる。

夫妻は結婚を決めたとき、「借りるよりずっといい」と最初から家をつくることにした。婚姻届より家の契約の方が早かったくらいだ。パートナーとして工房信州の家を選んだのは、諏訪のモデルハウスに行き、その自然な風合い、長野県の木材をめいっぱい使っていること、家全体が醸し出す空気感に好感をもったからだ。

コンセプトにしたのは「楽」。楽しくて楽な家である。大きな家はいらない。コンパクトな方が楽だ。長く住める家の方が楽だ。工房信州の家の広がり間取りなら、家族が成長したら間取りを考え直す自由さもある。そして、余計なものを増やさずシンプルに暮らした方が楽しい。

土地は460坪ある。けれど家は30坪に満たない。ただし、景色を優先してリビングの窓の位置を決めたと言うとおり、甲斐駒ヶ岳をはじめ、秀麗な山々が一望できる。周辺の自然環境や別荘地のような雰囲気を壊さぬよう、建物の高さは極力抑え、1階の外壁を板張りにすることで落ち着きをもたせた。すごく当たり前にこの風景に馴染んでいる。

取材の日、奥様にお話を聞いていると、外から帰ってきたご主人が、薪ストーブの脇の小さな花入れに手にしていたシンビジウムを生けた。蘭農家のご主人が丹精込めた花だ。いつもこんなふうに、見晴らしのいい窓から差す日の、ほっこりしたぬくもりみたいに暮らしているのだろう。そんな家族だから、『土間サロン』にキッチンのある家がすごく様になっているのだ。

「楽」といって気負わない二人の暮らしぶりが、何ともうらやましいお手本に思えた。

 

『土間サロン』とリビングが一体となった間取り

『土間サロン』とリビングが一体となった間取り。「飯は畳の上で食べたい」というご主人の希望で、ダイニングは畳に座卓というスタイル。

『土間サロン』とリビングが一体となった間取り

 

『土間サロン』と玄関のたたきはバリアフリー

『土間サロン』と玄関のたたきはバリアフリーで連なって、玄関ポーチへと出る。

『土間サロン』は家族が心を通わすスペース

『土間サロン』は家族が心を通わすスペースでもある。小さく気負わずつくることが、家族の距離感にもよい結果になった。

キッチンに立つと家中が視界に入る

キッチンに立つと家中が視界に入る。家族の気配もすぐ近くに感じられる。

 

吹き抜けに向かう2階は、天井高を抑え隠れ家的な趣も

吹き抜けに向かう2階は、天井高を抑え隠れ家的な趣も。
今はフリースペースだが、お子さんが入学したら子供部屋にするなど、柔軟に対応するつもり。

主寝室。シンプルで清潔感ある空間

主寝室。シンプルで清潔感ある空間。

 

2階フリースペースの机

2階フリースペースの机。将来お子さんの勉強机になっても、階下で呼ぶお母さんの声がすぐに聞こえる。

新居完成の翌年には家族も増えた

新居完成の翌年には家族も増えた。お子さんはこの家とともに成長していく。

エアパスソーラー工法のダンパーを開閉する引き子

エアパスソーラー工法のダンパーを開閉する引き子。木を使いアナログなぬくもりもある。

 

Voice

Wさんご家族

Wさんご家族

Q1

家の中で一番大切なモノは?

A

家の中のどこにいても人の気配が感じられること。長く使える家にすること。

Q2

こうしておいてよかった、と思ったことは?

A

エアパスの他、庇の長さ角度を工夫するなどパッシブデザインを取り入れたこと。

Q3

工房信州の家に頼んでよかったことは?

A

モデルハウスに入って感じた空気感。新築なのに自然と体に馴染んでくれるような優しさがあること。

●著作権について
このページに記載されている記事本文、写真等は「住まいNET信州」VOL.22より転載しています。
こちらの情報の著作権は、住まいづくりデザインセンター信州に帰属します。

 

Data
  • 竣工 H24年5月
  • 延床 27.43坪(90.67㎡)
Staff

 

『お客様の声』をまとめた冊子をお届けします

長野県内各地のオーナー様7組、豊富な写真とともに、

設計のこだわりや住まい心地などを一冊にまとめた冊子をプレゼントします。

ご希望の方は こちら【資料請求フォーム】 からお問合せ下さい。

フォーム別 - すべて にある

その他のお宅訪問記

ページトップへ