お宅訪問記

フォーム別|すべて

朝日を浴びて、景色を眺めて。「普通の暮らし」が何より贅沢

2014年 長和町K様邸

終の棲家は、ふるさとで

 

ご家族の“ホーム”。帰るべき場所。

信州の山に抱かれた、のどかな集落。
まるで、昔からその一員であったかのように、ごく自然にこの土地に佇むK様の家。
長い山道を抜けてお住まいに辿り着くと、そこには手慣れた様子で軽トラを操るご主人の姿があった。

東京の大手製造メーカーの最前線に立つ、忙しい毎日をリタイアしてから、まだ一年。
すっかり長和町の人に生まれ変わったK様の姿が、そこにあった。

故郷に帰るきっかけは、ご主人の定年退職、お父様の他界、いくつかの転機が重なったこと。
これまで都心のマンションなどで暮らしてきたため、独立した子供たちが集い、帰る場所をつくってあげたいという想いもあった。
一方で、便利な都会の生活への慣れから、山深い信州の田舎で暮らすことへの躊躇も少なからずあった。

しかし、住めば都とはよく言ったもの。
ここには公共交通機関もなく、スーパー・コンビニ・病院も遠い。けれど「病院から一時間かけて歩いて帰ったおかげで、元気になったよ。」と笑うK様の姿には、田舎に引っこんだという悲壮感は微塵もなく、寧ろゆとりを感じさせる。
週2回東京まで往復する生活も、思ったほど苦ではない。東京から新幹線に乗ると「我が家へ帰る」と、ほっとした気持ちに包まれる。
東京には東京の豊かさがあり、そこから断絶された暮らしはしたくない。けれども、やっぱり長和が私たちの家だ―。

たった一年で、この土地とこの家はすっかりK様ご夫婦の“ホーム”になっている。

ご家族の“ホーム”。帰るべき場所。
ご家族の“ホーム”。帰るべき場所。
ご家族の“ホーム”。帰るべき場所。

 

ご家族の“ホーム”。帰るべき場所。

 

朝日を浴びて、景色を眺めてくつろぐ、
普通の暮らしの豊かさ

この家では、どの窓からも山が望め、庭や畑も見渡せる。入居一年目の夏は、庭に咲いた200本のひまわりを部屋の中から眺めて過ごした。「来年は500本咲かせたいな」と夢が膨らむ。家の中に、観葉植物は必要ない。

東から朝日が入り、南の景色を眺めてくつろぐ、という、信州ではありきたりな普通の暮らしが、ご夫婦はとびきり気に入っている。
中でも奥様のお気に入りは、キッチンからの眺め。まるで額に入った絵のようだ。しかも、この額は四季折々に表情を変える。春は山桜のピンクに覆われ、夏は一面に緑色深く、秋は田んぼの黄金色、冬は純白の雪景色―。移りゆく大自然の風景を、居心地の良い家の中から眺める。この上ない贅沢だ。

四季折々の色彩が楽しめる大きな開口
四季折々の色彩が楽しめる大きな開口。和室は小上がりで、気軽に腰かけたり横になったりできる。

 

田舎の人に教えられ、都会の人に喜ばれ

田んぼや畑にも精力的に出て、一年目ながらも色々な物が収穫できた。
都会人のはじめての耕作を、ご近所さんもよく気にかけてくれる。「田舎の人は素直でなんでも教えてくれるので、ありがたいですよ。」とご主人。
さらに、YouTubeを見れば田畑のつくり方から道具の使い方まで、なんでも分かる。田舎暮らしを効率よく楽しむ術を、K様は知っている。

収穫した野菜や米は、都会の友人に大いに喜ばれた。それがまた嬉しく、次の年はもっと良いものを作るぞと、気合が入る。友人たちは、手作り感あふれる新鮮な野菜から、田舎での生活そのものの魅力を感じ取っているようだ。

青年海外協力隊の経験を持つご主人の、異国情緒溢れるアフリカ小物 奥様手作りとは思えない、上質な皮のバック 住まいのいたるところに、K様らしい暮らしの楽しみが広がる
青年海外協力隊の経験を持つご主人の、異国情緒溢れるアフリカ小物。奥様手作りとは思えない、上質な皮のバック。住まいのいたるところに、K様らしい暮らしの楽しみが広がる。

 

選木ツアーで出会った太鼓梁は、まさに我が家の“顔”
選木ツアーで出会った太鼓梁は、まさに我が家の“顔”。K様の自慢のひとつだそう。

 

Voice 

K様ご夫妻

K様ご夫妻

信州の無垢材や、環境共生の家づくりというフォレストのコンセプトと、私たちの理想が共鳴して、お願いすることを決めました。フォレストの取組みは、社員の皆さんにはもはや当たり前なのでしょうが、とても素晴らしいこと。もっと広めて頂きたいですね。若い社員が多く、素直でまっすぐな姿勢も印象的でした。

夫婦二人の終の棲家として、プランニングにはとことんこだわりました。自分たちの実現したいイメージがあったので、それを基に担当者の方と何度も打合せを重ねました。おかげで満足いく計画になりました。

先日、大手メーカーで建てた知人の家へ行きましたが、同じ木の家といっても自分の家と明らかに違い、違いを強く実感しました。我が家は、県産材だし、無垢材だし、雰囲気も空気感もまるで違う‥心の中で勝手に戦って「我が家が一番!」と思ってしまいました(笑)。

 

Data
  • 竣工 H26年2月
  • 延床 131.66㎡(39.8坪)
Staff

 

『お客様の声』をまとめた冊子をお届けします

長野県内各地のオーナー様7組、豊富な写真とともに、

設計のこだわりや住まい心地などを一冊にまとめた冊子をプレゼントします。

ご希望の方は こちら【資料請求フォーム】 からお問合せ下さい。

フォーム別 - すべて にある

その他のお宅訪問記

ページトップへ