ページトップへ

エアパスソーラー工法

エアパスソーラー工法

開いた間取り、でもあたたかい。

信州の冬は寒い。みなさまよくご存知のことです。ところが、冬に伊那ハウジングセンターの「木組みの家」を訪れたお客様は驚かれます。「こんなに開け放しているのに、あたたかいのはなぜ?」。

広がり間取りの「木組みの家」は、部屋ごとの仕切りがなく、大きな吹き抜けをもつ、寒冷地ではいわゆる"タブー"のつくり。最初は余程強い暖房を入れているのだと思われるようですが、そうではありません。

 

 その秘密はエアパスソーラー工法

その秘密は
エアパスソーラー工法

秘密は「エアパス」と呼ばれる工法にあります。エアパスソーラー工法とは断熱材と外壁の間に空気の層を作り、そこを太陽熱で暖められた空気が循環するという、自然の力を利用した工法。逆に夏には換気口を開けて、熱気と湿気を放出します。

一般的な高気密・高断熱の家との違いは、常に空気が動いているということ。自然の熱や風をシャットアウトするのではなく、うまく取り入れて、冬には少しあたたかく、夏には少し涼しいという「ほどほど感」が特徴です。お客様からよく、「空気が乾きすぎず、やわらかい」と言っていただける所以です。

8畳から10畳の部屋を暖める暖房熱源があれば、そのあたたかさが家全体に行き渡り、家の中の温度差はありません。信州の気候を知り尽くした私たちは、エアパスソーラー工法ほどこの地に合った工法はないと確信しています。

 


 

信州の夏と冬を快適に過ごすために

大量生産大量消費の時代に普及したのは「高気密高断熱住宅」。家を厚い断熱材で密閉することで自然界から切り離し、外の温度に影響されずに冷暖房に頼るつくりとすることで、日本全国で同じ住宅が建てられるようにしたのです。その結果、夏涼しい信州であるにも関わらず、夏はエアコンに頼らなければ過ごせない、密閉型の魔法瓶のような住まいが多くなってしまいました。

例えば、北海道の極寒の気候から室内を守るためや、東京の込み入って湿度の高い環境から室内を隔離するためであれば、こうした高気密高断熱の住まいが適する地域ももちろんあります。しかし、この信州には、自然と隔離する住宅が最適と言えるでしょうか。

 

高気密高断熱住宅は、身近な物で言えば「まほうびん」のようなもの

これだけ違います、東京と信州の気候

信州の気候条件を見てみましょう。まず、長野と東京の気温を比較すると、1月の寒さは信州の方がもちろん厳しく6℃以上の気温差があります。8月の暑さはというと、最高気温はほとんど同じであるのに対し、最低気温は7℃以上の差があります。また湿度も低く爽やかな気候です(図4)。

つまり、信州では、直射日光を遮り、夕方から朝にかけての涼しさを上手く住まいに取り込むことができれば、木陰のような心地よい住空間が得られるのです。

図4) 長野・東京の月別最高最低気温

エアコン設置率7.6%

また、日照時間の図を見てみましょう。長野県の年間日照時間は平均2,000時間と、全国的に見ても太陽から受ける日射エネルギーに大変恵まれた地域であることが分かります(図5)。

こうした豊かな自然環境を上手に住まいに取り入れる住宅があれば、信州では自然と共生して快適に暮らすことができるのです。

図5) 年間日照時間

そこで、私たちが信州にぴったりの工法として辿りついたのが「エアパスソーラー工法」でした。エアパスソーラー工法は、住まいが夏と冬で衣替えし、夏のカラリとした風の力と、冬のぬくもり豊かな太陽の力で、自然エネルギーを最大限利用して快適な居住空間を創造します。

実際に、これまで施工した「工房信州の家」のお宅のエアコン設置率を調査したところ、たったの7.6%という結果が得られ、私達自身改めて驚かされました(図6)。長野県内の一般家庭でのエアコン設置率78.6%と比較しても大きな違いです。また、猛暑の2010年夏のお住まい心地をお聞きすると、「一度も使わなかった」という方や、「使う時間が短くなった」などのお声を多数いただきました。いずれにしても、自然環境と上手に共生する、省エネな住まいであると言えるでしょう。

図6) 「工房信州の家」のエアコン設置率

図7) 長野県内一般家庭のエアコン設置率

 

エアパスソーラー工法で建てるなら、やっぱり工房信州の家

 

エアパスソーラー住宅の施工実績NO.1!

(株)フォレストコーポレーションが提供する工房信州の家は、長野県産の木材や漆喰・珪藻土などの自然素材をふんだんに使用した健康住宅です。長野県の気候風土に合った「エアパスソーラー工法」にこだわり、県内の施工棟数はNo.1の実績を誇っています。

長野県には、エアパスソーラー工法を採用している会社がいくつかありますが、エアパスソーラー工法だけに特化している会社は実は工房信州の家しかないんです。お客様に胸を張っておすすめできるエアパスソーラー工法に自信を持っているから、工房信州の家はエアパスの家しか建てません。

<エアパス施工棟数累計>

 

冬暖かく夏涼しい、エアパスソーラー工法

エアパスの家は、自然の力を利用したパッシブソーラーハウスです。壁の中に2つの空気層を設け、太陽熱と風を活用して空気に一定の流れをつくります。

冬は、太陽熱で温められた空気が家中の壁の中を循環するので、室内の温度差が少なく床もあったか。家を包む空気層で保温効果も得られ、暖房費も節約できます。

夏は、熱気と湿気を外に逃がすので、家の中は体にやさしい自然な涼しさ。工房信州の家オーナーの93%の方がエアコンを使っていません。「体の調子が良くなった」や「エアコン代がいらないので経済的」という声をお寄せいただいています。

また、空気が流れることで壁体内結露を防止し、家の寿命を延ばすことにもつながります。

エアパスの家は、心身にも環境にもお財布にも優しい健康住宅です。

  冬暖かく夏涼しい、エアパスソーラー工法

冬暖かく夏涼しい、エアパスソーラー工法

夏モード

夏・自然の涼しさ

床下換気口と小屋換気口を開けます。そして…通気層の熱気と湿度を放出します。

冬モード

冬・自然の暖かさ

床下換気口と小屋換気口を閉めます。そして…太陽が暖めた通気層の空気を逃がしません。

 

自然を生かしたエアパスソーラー工法の家 

パッシブソーラーは、太陽熱や風を利用した自然型の方式です。

「パッシブソーラーハウス」は、もっと広い意味での自然エネルギー利用を目的としています。特にエアパスの家は「断熱型壁体内通気工法」と「ソーラーハウス」の組み合わせでつくられています。

通気層内にはエアパスダンパーと空気取入口を専用部材として取付け、太陽や自然のメカニズム、を上手に利用して、冷暖房の使用を極力抑えて365日の快適生活を実現します。

自然を生かしたエアパスソーラー工法の家

 

エアパスソーラー工法は、三つの工法特性を
併せ持ったより理想に近い住まいです。

エアパスソーラー工法の三つの工法特性

エアパスソーラー工法は、冬の日中の太陽熱を壁や屋根から壁体内に取り込んで蓄え、夜間に放熱して冬の夜の寒さを和らげ、補助暖房の使用を抑えます。また、夏は壁体内や小屋裏に入り込んだ熱を、小屋裏の一番高いところから排熱して、夏の暑さのピークをカットし、エアコンの使用を最小限に抑え、優れた省エネ効果を発揮します。

 

エアパスソーラー工法は、施工技術が鍵

在来工法よりも施工が複雑で難しい「エアパスソーラー工法」。壁の中に二重の通気層をつくることもそうですが、その通気層にうまく空気が流れて機能するかどうかが大切になってきます。その空気の流れは、目で見ることができません。だからこそ、長年の経験と多くの施工実績が重要なポイントになるんです。

工房信州の家には、エアパス協会が定める「エアパス施工検査員」が11名もいます(上級検査員4名、中級検査員7名)。上級検査員は全国で42名(※)、長野県で上級検査員の資格を持つ人は、当社の4名だけです。それだけ難しい資格を持つ者が、プロの目でしっかりと施工体制をチェックするからこそ、質の高いエアパスの家をご提供できるのです。

だから、工房信州の家は、エアパス ソーラー工法の住宅しかつくりません。施工技術に自信を持っているからこそ、胸を張ってお客様におすすめできるのです。

※平成25年1月現在

入念な施工管理を行うことで、高品質のエアパスの家がつくられます

 

工事を行う職人さんもエアパスソーラー工法を学んだプロです

「工房信州の家」のエアパス施工検査員 上級検査員 4名 中級検査員 7名

さらに詳しく知りたい方はエアパスグループHPをご覧ください

 

エアパスソーラー工法

「工房信州の家」は、信州の気候を
自然に家の中へ取り入れた、「エアパスソーラー工法」で、
エアコン要らずの気持ちの良い暮らしをお届けしています。
信州という厳しい風土とうまく調和した家づくりは、
信州を知り尽くした「工房信州の家」ならでは。
厳しいチェックを通過したエアパスソーラー工法の家は、
夏涼しく、冬暖かく、住まう人々を包み込みます。

心身だけでなく環境にも優しい「工房信州の家」での暮らしを、
どうぞお楽しみください。

> エアパスソーラー工法 資料請求