小川 貴司 小川 貴司

ヤムチャになるか、ならないか。

公開日:2019/06/20(木) 更新日:2021/04/13(火) 信州の暮らし

落合陽一さんの本を読んでしたら、

「ヤムチャになるな」

という話が出てきて、

ドラゴンボールど真ん中世代としては

気になって仕方がない内容でした。

 

シェン(神様)にもサイバイマンにも

人造人間にもやられてしまうヤムチャ。

相手の力が読めない代名詞的存在、ヤムチャ。

 

外見や知名度だけで判断するのではなく、

相手の実力を「佇まい」で感じろ!

というような内容でした。

 

しかし一方で、

「転生したらヤムチャだった件」で

まさかのスピンオフ。

「ヤムチャ(無茶)しやがって」で

まさかの派生語。

(使ったことありませんが・・)

「サイバイマンにやられた姿」が

まさかのフィギュア化。

 

実は色んな所で地味に活躍しています。

 

好きか嫌いかは別として、

ある意味とても人間味のあるヤムチャは

意外と愛される存在なのでしょうか。

 

ヤムチャにはなりたくないけど、

愛されキャラにはなってみたいものです。

 

※ドラゴンボールに興味のない方々、

 大変申し訳ございませんでした。

 

1ページ (全23ページ中)