家づくりコラム

Staff Blog 家づくりコラム

本当の「北」を測る。磁北(MN)と真北(TN)

鷲澤 仁美 鷲澤 仁美
2020/09/23(水) 本部

本当の「北」の測り方、ご存じですか?

方位磁石使えばいいじゃんと思ったあなた、それは「磁北(じほく、MN = magnet north)」であり、真北とは違うのです。

真北(しんぼく、TN = true north)」とは、正午に影をおとす方角です。
つまり、北極星のある方向のこと、地球の回転軸のある北極点の方向をさしています。

この真北と磁北、実は結構ズレていて、長野県では6°50′~8°10′もの差があるそう!

真北と磁北を重ねた図面を見ると、7°でも結構なズレであることが目に見えて分かります。

磁北のほうが手軽に調べられて身近であり、家相や風水を考えるときには磁北を利用することが多いようです。

しかし、建築基準法でいうところの「北」とは、「真北」のこと。


↑真北をもとに、お隣のお宅の日影を算出した図面

 

都市部以外で敷地にゆとりのある住宅では、そこまで神経質にならなくても良いかもしれませんが、
北側斜線制限や日影規制を検討するときには、真北測定がとても大切です。

スマホのアプリでもざっくり測ることはできますが、ときどき誤差が出るので、鵜呑みにはしません。

 敷地調査で専用の機械を使って測定します!



↑設計チーム作成の磁北測定マニュアルより抜粋

 

間違いのない設計施工のため、若手スタッフも「正しい北の測り方」をしっかり身に着け、お客様の敷地調査へ向かいます。

 

記事一覧

1ページ (全12ページ中)

ページトップへ