小川 貴司 小川 貴司

小豆島に恋する

2019/07/25(木) 信州の暮らし

初・瀬戸内国際芸術祭。

「小豆島の恋」

遠目に見ると、

何となく怖い。

でも中に入ると、ずっと居たくなる。

入る直前まで雨が降っていたので、

素足でのる竹の床が冷たくて気持ち良い。

 

地元の人たちと一緒に作り上げる作品。

ワンさんの愛を感じます。

 

とんがったアートではなく、

優しいアートでした。

 

1ページ (全17ページ中)