家づくりコラム

Staff Blog 家づくりコラム

二世帯住宅を考える

鷲澤 仁美 鷲澤 仁美
2016/03/02(水) 暮らし

二世帯住宅

注目の理由

スタイル選びのポイント

スタイル別プラン

工房信州の提案

二世帯住宅の展示場

 

二世帯住宅 注目の理由

かつて、日本では二世帯住宅が当たり前であった時代がありました。

その後、高度経済成長期になると大都市圏に人口が流入し、核家族化が進み、さらにプライバシー保護を重視した閉鎖的な住まいが主流となりました。

しかし近年、二世帯住宅を見直す方が非常に増えてきています。その理由は、大きく3つ挙げられるでしょう。

 

1.東日本大震災を経て、改めて感じる“家族の絆”

大震災後、「家族」を重視する意識が高まっています。調査結果によると、「家族と一緒に過ごす時間が増えた」が32.6%、「家族との会話が増えた」が31.2%、「離れた家族との連絡が増えた」が28.4%にのぼり、震災を機に家族の“絆”が強まっている様子がうかがえます(インターワイヤード株式会社のネットリサーチ結果より、調査地関東)。将来を見通せない混迷した今の日本で、家族との同居による精神的な支えのある暮らしが必要とされています。

東日本大震災を経て、改めて感じる“家族の絆”

 

2.共働き世帯の増加と過去最大の待機児童数

結婚・出産を機に専業主婦の道へと進む女性は減り、特に長野県の共働き世帯は全体の54.3%ののぼります。これに比例し、待機児童数は年々膨らみ続けています。全国の待機児童数はH23年10月現在で48,356人であり、前年同月より5.0%増加しています。女性の社会進出が進む現代、家族で育児・家事を協力し合う生活スタイルが求められています。

待機児童過去最大育児・家事の協力が必要

 

3.高齢化と1~2人世帯の増加

いよいよ人口減少の時代に突入した日本。これに反して、世帯数は増加の一途を辿っています。長野県のH22年現在の世帯総数は792,831世帯、20年前と比べて17.3%もの増加率です。中でも急増しているのが、世帯人数が1人または2人の少数世帯。このうち1/3は65歳以上の高齢者世帯だと言われています。

今や日本人の平均寿命は83歳。男性平均は79.6歳、女性平均はなんと86.4歳です。リタイア後30年の生活、充実した第二の人生を考えるべき時代になったと言えるでしょう。

平均寿命83歳 1~2人世帯の1/3は65歳以上リタイア後、30年の生活を考える時代に

以上のような側面からみると、二世帯住宅には様々なメリットがあることが分かります。

 

二世帯住宅の良さ

一つ目は、日常生活での助け合いができること。毎日の育児・家事を協力し合えるのはもちろん、急な病気のときにも頼りにでき、老後のサポートも安心です。

二つ目は、経済性。二世帯住宅を建てる場合は二棟別々に建てる場合に比べて、用意する土地がひとつで良く、建設費も抑えることができます。同居が始まってからも生活費が共同できたりと、コスト面で効率良い暮らしを考えることができます。

三つ目は、何と言っても安心感。いつでもそばにいてお互いの様子が分かり、困ったときには何かと相談したり助け合うことができます。また、共働きで忙しい単世帯に比べて、留守を減らせるのも安心のひとつですね。

日常での助け合い 経済面で助かる 安心感がある

 

 

スタイル選びのポイント

 

二世帯住宅3つのタイプ

ひとくちに二世帯住宅と言っても、ご家族に合わせてその生活スタイルはさまざまです。プランタイプは、大きく分けて「共有タイプ」「半共有タイプ」「分離タイプ」の3タイプです。自分たちにはどのタイプのプランが適しているのか‥、一番のポイントは『夕食スタイル』にあります。

二世帯住宅3つのタイプ

 

変化していく家族のカタチ

二世帯住宅を考えるとき、大切なのは“今”だけではありません。この先30年・50年と住み継いでいく住まいでは、親夫婦・子夫婦・そして孫の生活は刻々と変わっていきます。将来を見据えて、家族のカタチに合わせて住み替えていける住まいづくりが大切です。

大切なのは、変化していくライフステージに耐えられる住まいづくり

変化していく家族のカタチ

 

 

スタイル別プラン 

PLAN1 共有タイプ

土間がゆるやかにつなぐ家

土間サロンを通じて、家族や外部とつながり、土間サロンが家族全員で楽しめるくつろぎ空間となっている住まい。親世帯の居間は、和室の襖を閉めることで、プライベートな空間となり、襖を開ければ、子供世帯のリビングとゆるやかにつながります。

土間がゆるやかにつなぐ家 1F

家族構成 土間がゆるやかにつなぐ家

和室:和室を通じて親世帯ゾーンと子世帯ゾーンがつながります。共用のくつろぎスペースとして、襖を開け閉めすることで、両世帯の客間としても使用できます。

スタディコーナー:孫たちが小さい内は勉強コーナーとして。大きくなったら、奥様スペースとしても。

土間サロン:土間サロンが家族の交流スペースに。ご両親様の来客用玄関としても使用できます。

2F

2F

子世帯寝室:初めは、子世帯4人で寝ることも可能な一つの大きな部屋として。

2F(15年後)

2F(15年後)

子供部屋:孫が大きくなったら、真ん中で仕切って2つの子供部屋に。

書斎:家族の気配を感じながらも、ほっと一息、一人の時間を楽しむことができる書斎。

 


 

PLAN2 半共有タイプ

上下階にキッチンのある家

ご両親様は1階、子世帯は2階に住み分けられるプラン。共働きのご夫婦は、食事の時間が遅くなることも。帰りが遅くなった日は、2階でゆっくりとお食事をとることができます。上下階に住み分けることで、ゆるやかにつながりながらも、お互いにプライバシーを確保できるプランです。

上下階にキッチンのある家 1F

家族構成 上下階にキッチンのある家

リビング:普段は、親世帯のリビングダイニングとして。休日は、家族全員が集まるくつろぎのスペースとしても使えます。土間サロン、和室とつなげれば、家族6人で集まってもゆとりのある広さです。

2F

2F

キッチン水周り:働く子世帯夫婦は、夕食の時間が遅くなりがち。帰りが遅くなった日も、子世帯専用のキッチンなら、時間や音を気にせず、ゆっくりと食事を楽しめます。

共有スペース:吹抜けに面した共有スペースは、お子様の勉強コーナーやご夫婦の趣味のコーナーとして。吹抜けを通して、ご両親とゆるやかにつながります。

子世帯寝室:お子様が小さな内は、子世帯全員でお休みになれる1室として。

2F(15年後)

 2F(15年後)

子供室:お子様が大きくなったら仕切って、それぞれのお部屋に。ご夫婦の寝室はリビングの一部に確保できます。

 


 

PLAN3 分離タイプ

全て別々。でもちかくにいる安心感のある家

ご両親様は1階、子世帯は2階に住み分けられるプラン。共働きのご夫婦は、食事の時間が遅くなることも。帰りが遅くなった日は、2階でゆっくりとお食事をとることができます。上下階に住み分けることで、ゆるやかにつながりながらも、お互いにプライバシーを確保できるプランです。

全て別々。でもちかくにいる安心感のある家 1F

家族構成 全て別々。でもちかくにいる安心感のある家

玄関:共有の玄関から、親世帯、子世帯それぞれのスペースへ。世帯の居住スペースは、階段と納戸、和室で区切ることで、お互いの音を気にせず、隣り合った2軒の家のように過ごせます。

2F 

2F

子世帯寝室:初めは、子世帯4人で寝ることも可能な一つの大きな部屋として。

 

2F(15年後)

2F(15年後)

子供部屋:孫が大きくなったら、真ん中で仕切って2つの子供部屋に。

 

 


 

工房信州の提案

家族と共に成長し、時を越えて愛される住まい

point あいまい空間

●安心・安全・快適 ●楽しい ●住み変えられる ●愛着がわく

「家族と共に成長し、時を超えて愛される住まい」の実現のポイントとなるのは、工房信州の家が得意とする“あいまい空間”の活用です。屋外とつながり、どの世代もが自然と集まる開放的なリビングのような「土間サロン」「ウッドデッキ」、団欒の場を離れて勉強や作業をするときにも家族の気配が感じられ、家族全員の書斎コーナーのような「共有スペース」。家族のつながりを自然と育む空間づくりを大切に、居心地の良い二世帯住宅をご提案します。

家族と共に成長し、時を越えて愛される住まい

 

 

二世帯住宅の展示場

工房信州の家には、二世帯住宅の実例が数多くあります。
それぞれのご家族のスタイルを丁寧にお伺いしながら、
そのご家族にとって「丁度良いつながり感」を演出する空間づくりをご提案して参ります。

 

諏訪展示場
POINT
通り土間がつなぐ二世帯住宅

玄関を入って向かって右が子世帯の、左が親世帯の空間。分けながらつなぐという役割を、土間サロンが担っています。水廻りも含めて二つの暮らしはそれぞれ独立していながらも、よそよそしさを感じない距離感が保たれています。光や風が通り抜け、冬には薪ストーブの周りに家族が集まる、心地よい共有空間が実現しています。

> 諏訪展示場

  

上田展示場
POINT
2つのリビングの二世帯住宅

一階に共有のリビング・キッチン、二階に若夫婦世帯のサブリビング・ミニキッチンを設けています。若夫婦が夜遅い帰宅でも気兼ねなく軽食がとれたりと、個々のライフスタイルを邪魔することなく過ごせます。階段の途中に位置する「踊り場書院」は一階からも二階からも目が届き、誰もが使える共有スペース。2つの世帯のつながりを育む、自由な空間です。

> 上田展示場

  

松本展示場
POINT
二世帯が自然と集う、土間サロンのある家

ご両親世帯と若夫婦世帯、それぞれの空間の真ん中に土間サロンを配置しています。ほど良い距離感を保ち気兼ねなく生活しつつも、それぞれの世帯が自然と集まる住まいの中心があることで、ご家族の仲が深まりそうです。

> 松本展示場

  

伊那展示場

POINT
家族の気配を感じながらも、プライバシーを確保リビングとつながるご両親室を、あえて位置をずらして配置し北庭をつくっています。これにより、ご両親室とリビングにいるご家族同士が互いの気配を感じながらも直接視線が合うことはなく、お庭を眺めながら落ち着いて過ごせる空間になっています。

> 伊那展示場

 

 






おすすめ記事

21/03/01 長野県への移住が人気でおすすめな理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

21/03/02 田舎移住の準備・失敗しないおすすめの方法

21/03/04 地方移住先ランキング 各地域の魅力や人気の理由を紹介!

21/03/05 セカンドハウスとは?税制面での別荘との違いからローンの組み方まで解説

21/03/18 軽井沢移住の利点や失敗例、人気エリアのまとめ

記事一覧

1ページ (全12ページ中)

ページトップへ