移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

長野県への移住が人気でおすすめの理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

鷲澤 仁美 鷲澤 仁美
2021/03/01(月) 移住トレンド

「長野県に移住したい」という方からのご相談が年々増えており、信州への移住ニーズの高まりをひしひしと感じています。
移住先として人気の長野県には、一体どんな魅力があるのでしょうか?

今回は、長野県の特徴と、移住を考えるときに知っておきたいメリット・デメリット、失敗しないための支援制度やお仕事のポイントについても徹底解説していきます!

 

目次 Index

 

 移住の実例集プレゼント

 

 

長野県ってどんなところ?

長野県は、約13,000㎡の広大な面積のうち森林がおよそ80%を占める、自然豊かな緑の県です。
夏は温度・湿度が低くて過ごしやすい気候のため、避暑地としても有名です。
アルプス山脈などの雄大な景色を眺め、登山やスキーなどアウトドアアクティビティを楽しむためにたくさんの観光客が訪れます。

そんな恵まれた自然環境に加えて、立地もバツグンに良い長野県。
本州のおよそ中心に位置し、周囲に8つの県が隣接しています。東京や名古屋などの都市圏からのアクセスがしやすい、便利な地方都市なのです。

こうした条件の良さから、宝島社発行「田舎暮らしの本」が選ぶ「移住したい都道府県ランキング」では15年連続1位を誇っています。(参考元:長野県魅力発信ブログ
のどかな田舎のイメージがある長野県ですが、総人口は200万人を超え、全国で16番目に人口が多い県でもあります。

特にコロナ禍で人々のライフスタイルが大きく変わり、住環境やおうち時間をより充実させたいと考える方からの移住人気がますます高まっています。

 

 

 

長野県に移住するメリット

移住したい都道府県ランキングで、15年連続1位に輝くほどの人気を誇る長野県。
一体どんな特徴があるのか、具体的に紹介していきます。

 

売地や家賃相場が安い!

長野県は、住居にかかわる費用が首都圏に比べて圧倒的に安く抑えられます。

例えば、土地を購入する場合の坪単価を比べてみます。
住宅街として有名な東京都世田谷区の坪単価平均が約239万円であるのに対し、長野県の県庁所在地である長野市の坪単価平均は約19万円。
長野では東京の10分の1以下の坪単価で土地を購入することができます。
土地購入のしやすさもあってか、長野県ではマイホームを所有している世帯の割合が高く、なんと持家率は73%という統計結果となっています。

また賃貸住宅の場合でも、家賃相場が都心と比べてとても安いことが魅力です。
東京都世田谷区の家賃相場が、1LDK~2DKで約14万円、家族向け3LDKだと約24万円なのに対し、長野県の家賃相場平均は1LDK~2DKで約7万円、3LDKで約8万円と、半額以下に家賃が抑えられるのです。

参考元:
土地価格相場が分かる土地代データ
長野県産業立地ガイド
LIFULLHOME'S 家賃相場

 

自然の中でアクティビティを年中楽しめる

アルプス山脈など雄大な山々に囲まれ、上高地や軽井沢など緑あふれる観光地が有名な長野県。

夏はキャンプや登山、トレッキングなどで自然を満喫することができます。

そして信州の冬といえば、ウィンタースポーツですよね。
冬はスキーやスノーボードを楽しむために年間550万人もの人々が世界中からやってきます。(参考元:長野県 スキー・スケート場利用者統計調査
白馬や野沢温泉などの人気エリアをはじめ、長野県内には95か所ものゲレンデがあるため、気軽に遊びに行くことができます。

四季を通じて大自然でのアウトドアアクティビティを楽しめる長野県。
何度も観光に訪れるリピーターも多く、アクティビティ好きが高じて移住を考えるという方も多くいます。

自然に囲まれた生活を望む方には、長野県はうってつけの環境ですね。

 

▼ 信州の魅力をランキング形式でお伝えする動画も合わせてご覧ください!

 

食べ物がおいしい!

長野県は全国トップクラスで日照率が高く、また昼夜の寒暖差が大きい気候が特徴です。
こうした内陸性気候は、果物や野菜にたくさんの栄養を与える好条件となります。

そして、広大な盆地を活かして農業が盛んな長野県。
澄んだ水と空気のなかで育った農作物の生産量も多く、直売所やスーパーでは新鮮な食材を安く手に入れることができます。

全国的に有名なきのこのホクトの本社も長野県にあり、きのこの生産量は全国トップクラス。

生産量が全国1位の野菜をざっと挙げると、ズッキーニ、エリンギ、えのきたけ、セロリ、つけな、パセリ、松茸、わさび、レタス、しめじなど、たくさんの品目があります。

フルーツ王国としても有名で、りんご、もも、すいか、ブルーベリー、近年人気のシャインマスカットなど、旬の果物を季節ごとに産地で味わう喜びがあります。

 

温泉地数が日本2位!

長野県は全国で2番目に温泉地の数が多く、日帰り温泉だけに絞るとその数は全国1位!(参考元:日本温泉協会
日帰り温泉は夜遅くまでやっているところもあり、仕事帰りでも気軽に立ち寄って疲れをいやすことができます。

県内各地に有名な温泉地があり、週末には気軽に旅行気分を味わうことができます。
代表的な温泉地を挙げると、東信は戸倉上山田温泉、南信は昼神温泉、また北信では「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルとなった渋温泉などがあり、県内でもエリアごとに趣の異なる温泉郷を楽しむことができます。

 

主要都市では便利な暮らしができる!

長野県といえば、のどかな田園がひろがる田舎の風景を想像されるかもしれませんが、長野市、松本市、上田市などの主要都市には商業施設もたくさん。
長野・上田には北陸新幹線が通り、松本には新宿行の特急あずさが通っているため利便性が高く、駅前は駅ビルや飲食店街で栄えています。

また、長野・松本・上田の3都市は、歴史ある街が観光地としても人気の場所です。
長野市の善光寺は門前町、松本市の松本城は古くから城下町として栄えており、古き良き街並みが残り散策するだけでも楽しめます。
上田市は、大河ドラマ「真田丸」の舞台として有名な上田城などがあります。
観光も盛んな長野県の主要都市には多くの商業施設があるため、生活に何ら不便はありません。田舎すぎず都会すぎない、便利な暮らしが実現できます。

 

首都圏やその他都市へのアクセスがしやすい

北陸新幹線に乗れば、県庁所在地である長野駅から東京駅まではおよそ1時間半で移動することができます。
また「東京24区」とも言われるほどの人気を誇る軽井沢は、東京駅からおよそ1時間で移動できるため、近年では新幹線通勤を前提に東京から軽井沢へ移住する方も増えています。
北陸新幹線は金沢や富山へも通じており、富山へは70分、金沢へは90分で長野市から行くことができます。
長野県は本州の中央に位置する立地もあり、関東方面にも関西方面にもアクセスしやすいので、仕事や観光で県外に出る機会が多い方にも移住先として選ばれています。

また「在宅勤務をする人が移住したい都道府県ランキング」では、沖縄・北海道に次いで全国3位となった長野県。
今後リモートワークの増加に伴い、移住先としてますます注目されそうです。


引用元:レジェンダ・コーポレーション株式会社 若手社会人の働き方サーベイ結果

 

 

移住の実例集プレゼント

 

 

長野県に移住するデメリット

長野県ならではのメリットの反面、雪国や内陸県だからこそのデメリットも存在します。
都会から移住をされる方にとっては、それまでの生活のスタイルや必要経費も大きく変わるため、次のポイントをあらかじめ把握しておきましょう。

 

冬の寒さと降雪が厳しい

長野県はウィンタースポーツが有名なだけあって、冬の寒さは都会に比べてかなり厳しくなります。
最低気温が氷点下になることは珍しくありません。

降雪量は、県内でもエリアによって大きく異なりますが、特に白馬や飯山など県北部の山間地域は降雪量がとても多いです。
こういった豪雪地域では冬の間じゅう雪かきが必須。いざ移住を考えるときには、ネックとなる方も多いようです。

一方で、豪雪地域では自治体が除雪作業を行う体制がしっかりと整えられているため、道路の積雪や凍結はあまり心配しなくても大丈夫。
都心では数センチの積雪で電車がストップしてしまうニュースも見かけますが、逆に長野県は積雪への対応力が高いため、交通網が乱れるほどの事態はあまり起こりません。

自宅の敷地内や周辺の生活道路の雪かきが心配な方や、寒さが苦手な方は、よく検討する必要があります。

 

車がないと不便だがガソリン代が高い

長野県は都心と比べ、電車などの公共交通機関の本数が少ないことがデメリットとして挙げられます。

都会では1本電車を逃しても数分で次の電車が到着しますが、長野県のローカル線では電車が1時間に1本程度であることがほとんど。バスも市街地以外では、路線や本数の少なさから利用が進まないケースも多くあります。
そのため買い物や通勤などの移動手段として、自家用車を使う方が圧倒的に多くなっています。

しかし、内陸に位置する長野県ではガソリン代が比較的高いのがデメリット。
2021年2月現在、レギュラーガソリンの全国平均は135円なのに対し、長野県の平均は143円となっています。(参考元:gogo.gs都道府県平均ガソリン価格ランキング

こうしたデメリットはありますが、車を所有することでマイペースに通勤できたり、重い荷物を運べたり、休日に家族でドライブができたりと、車社会ならではのメリットも多くあります。

 

年収相場が低い

デメリットとしてよく挙げられることのひとつに、都心に比べて平均年収が低いことがあります。
世代別の平均年収をみると、長野県は30代で約450万円、東京都は約550万円となっています。(参考元:平均年収.jp
ただ、長野と東京では人口も大きく異なり、一概に平均年収や中央値では比較しにくいものです。

長野県の基幹産業のひとつに、製造業があります。
澄んだ空気と水資源をもつ長野県は、精密機械の製造に適しており「東洋のスイス」ともいわれるほど。
明治時代より精密機械工業が栄え、今もセイコーエプソンなど世界的な大企業が長野県に本社を構えています。
さらに、関東圏からも関西圏からもアクセスがよい長野県の立地環境から、全国展開する企業が多く拠点を設けていることも有名です。

平均年収は東京都と比べて低い長野県ですが、実は優良な雇用の場が多く、一概に年収相場が低いという観点だけでは語れないでしょう。

また近年はリモートワークも増加傾向にあり、都心の企業に在籍しながら、住環境の良さを求めて長野県に移住する方も増えています。

 

地域のコミュニティを負担に感じる可能性

都心と比べ、地方では町内会のイベントなどでご近所付き合いが増えます。
お仕事が忙しい方や、人付き合いを負担に感じる方にとっては、デメリットになる可能性があります。

ただ、ご近所とのつながりによって、季節ごとにある信州ならではのイベントに参加できたり、採れたて野菜をもらったり、豊かな経験にもつながるでしょう。
地域コミュニティとの関わりは、田舎暮らしの醍醐味を味わうためのポイントでもありますので、自分たちの価値観に合うかどうかを考えておきたいですね。

近年は昔と比べて、地方でも過度な人付き合いを減らす動きがあったり、移住者同士のコミュニティも活発化したりと、柔軟なお付き合いができるようにシフトしています。
移住を検討する地域の雰囲気をあらかじめ知っておくためにも、移住者の先輩などから情報を得ておきたいところです。

 

 

移住の実例集プレゼント

 

 

長野県の移住支援金制度について

長野県では、県内企業の人材不足を解消し、移住を促進していくために、手厚い移住支援金制度を設けています。
移住支援の主な対象者は、首都圏などから長野県へ移住し、県内で就業または創業を希望する方です。

参考元:長野県 UIJターン就業・創業移住支援事業のご案内

 

支給金額は?

移住支給金額は市町村によっても異なりますが、単身で最大60万円/人、2人以上の世帯では最大100万円/世帯が支給されます。
自分の住みたい地域の支給金額の目安は、まず自治体ホームページで確認してみましょう。

 

給付条件は?

移住支援金をもらうためには、いくつかの要件を満たさなければなりません。
主な要件は次のとおりです。

  • 住民票を移す直前に連続で5年以上、東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)・愛知県・大阪府に在住していること
  • 雇用保険の被保険者として、先の地域で5年以上就労していたこと
  • 支援金事業を行っている長野県内の55の市町村に転入すること
    (長野県には全部で77の市町村があり、主要な市町村はほとんど先の市町村に該当していますが、一部非該当の市町村もありますのであらかじめ確認しておきましょう)
  • 県が運営する求人マッチングサイトに採用され就労すること
    求人情報はこちら 長野県移住支援金対象友人情報サイト

この他にも「就業先が3親等以内の親族が代表者などの経営を担う企業でないこと」など細かい要件がありますので、詳しくは長野県や市町村のホームページで支援金制度の要件を確認しておきましょう。

 

問い合わせ窓口

移住支援金についての申請や問い合わせの窓口は、各市町村の労働雇用課になります。
ご自分の希望する移住先が支給金の対象地域か、自分の就業条件が対象になるかは、あらかじめ確認しておきましょう。
移住者支援には力を入れている自治体が多いので、窓口に問い合せると丁寧に教えていただけることも多いはずです。

 

 

 

移住先の長野県でのお仕事事情

長野県は、製造業・観光業・農業など、幅広い雇用の場があります。

2021年2月現在、ハローワークの求人情報は約12,000件あり、全国でも16番目に多い件数です。
地方都市でありながら、平均以上の雇用の場があることが分かります。

 

全国トップクラスの就業率

長野県の就業率は6割を超え、ここ数年の全国順位は第4位から8位で推移しています。(参考元:統計ステーションながの 就業率
女性の就業率も高い水準にあります。

長野県民は働き者で勤勉な性格の人が多く、労働環境にも比較的ゆとりがあるため、就労している人が多いと考えられます。

さらに、65歳以上の就業率は全国1位を誇っており、心身共に健康的な生活を送れる長寿大国・長野県の実情を反映しているのではないでしょうか。
人生100年時代を生きていくうえで、雇用環境はとても大切です。イキイキと働き続けられる場所として、長野県はおすすめの環境です。

 

製造業が盛ん

就業者割合を産業別にみると、長野県でもっとも多いのは製造業です。
製造業の就労割合は20.9%と、実に5人に1人が製造業に携わっていることになります。(参考元:総務省統計局 就業構造基本調査の結果

長野県は明治時代より精密機械工業などの製造業が栄えていたことから、現在も長野県の基幹産業になっています。
長野県の工業は県内総生産の約3分の1を占めており、出荷額全国1位の電子通信機械をはじめ、顕微鏡・ギター・電子部品・ウォッチ・カメラ用レンズ・印刷装置など、全国トップレベルの出荷額を誇る品目が多数あるのです。(参考元:しあわせ信州 データで知る信州 工業
セイコーエプソンなどの大企業が長野県に本社を構えており、他にも自動車部品メーカーや医療品製造メーカーなどで世界的に展開している企業も多くあります。

移住支援金の対象となる求人一覧をみても、製造業に関わる職種が数多くあります。

 

ホワイトな働き方でワークライフバランスがばっちり!

仕事選びで気になるポイントのひとつとして、プライベートとの両立、つまりワークライフバランスが気になる方も多いと思います。
特に、環境の良さを求めて長野県への移住を考える方なら、なおさら大切にしたいポイントでしょう。

就業後の平均帰宅時間の統計結果では、長野県の平均帰宅時間は18時30分(全国17位)、対して東京都は19時15分(全国46位)となっています。
東京から長野に移住し、帰宅後の趣味の時間や子供との時間を大切にしたい方には、おすすめの就業環境です。

また長野県はマイカー通勤をする方が圧倒的に多いため、都会のように満員電車で出勤する必要がなく、出勤時のストレスも軽減されます。

仕事を重視するか、プライベートを重視するか、個人によって考え方も変わってきますが、ワークライフバランスを保ちながら仕事もプライベートも充実させたい人にとって長野県はおすすめなのです。

 

 

オンライン移住セミナー

 

 

長野県への移住で失敗しないためのポイント

長野県に移住したい!と思っても、やはり生活環境や生活資金などで都会とは大きく異なることを先に見極めておきたいところ。
ただ、自分でどれだけ情報収集しても、実際に経験しなければ気づかないことも多くあります。

失敗しない移住計画のために、おさえておきたいポイントをまとめました。

 

収入や固定費の試算をしよう

都会と地方では、生活のために必要な支出が大きく異なる点があります。

地方暮らしのメリットとしては、都心では高くて住めない広さの物件に安く住むことができたり、新鮮な食料品を安く購入できたり、ときにはご近所からおすそ分けをいただくことも多いでしょう。
一方で、車を所有すると車両維持費・自動車税・ガソリン代など、車社会ならではの支出が必要になります。
転職した場合には、年収額も大きく変動があるかもしれません。
移住前と比べて、月々の固定費や収支が大きく変わったり、今までと違う必要経費が発生したりしますので、移住してから後悔することのないようシミュレーションしておきましょう。

 

段階的に移住してみよう!

「二段階移住」という言葉をご存じでしょうか。
希望の移住先に、いきなり本格的に引っ越すのではなく、まず試験的に仮移住をして自分たちに合うかどうか見極める方法です。

地方移住で失敗した!という方からは、田舎での慣習やライフスタイルに想定外のことが多くて馴染めなかった・・・という声をたくさんお聞きします。
その地域の現状をリアルに体験できることは、何よりの情報源です。
まずは、商業施設などが充実している主要都市に引っ越して、実際に暮らしながら心地よい移住先をゆっくり探してみる、という方法も良いのではないでしょうか。

「憧れはあるが、いきなり移住するのは怖い」「本当に地方で暮らしていけるか心配」という不安が少しでもある方は、二段階移住も選択肢のひとつになります。

 

地域を知る人に相談しよう!

地方に移住すると、それまでのライフスタイルが大きく変化します。
移住を最終決定する前にできるだけ情報を集め、地域の方の声を聞くことが大切になってきます。

移住してみたいけど相談する相手がいない、まず何から始めたらいいかが分からないなどのお悩みのある方は、希望移住先の市町村などに問い合わせてみるのもよいでしょう。
最近では移住支援課などの専門部署をもつ自治体も多くなっているため、移住者向けの情報を多く得られるはずです。

また、地域に密着した住宅会社である私たちフォレストコーポレーションでも、長野県内のリアルな情報を熟知しています。
まずは移住の情報や信州を知るきっかけとして、お気軽にお問い合わせいただけると嬉しいです。

オンライン相談について

 

 オンライン移住セミナー

 

 

まとめ

今回は移住先としての長野県の情報をまとめてきました。

特に就労環境について、大きな変化のある時代を迎えています。
これまでは、仕事のために都心に住み、地方への移住は定年退職後に考えるという方が多かったのですが、今は居住地にとらわれない働き方が急速に広がっています。
豊かな人生を送るための移住先として、長野県への注目はますます高まっていきそうです。

みなさんの後悔のない移住計画に、少しでもお役に立てれば幸いです!

 

 




 

私たちは設計士や施工管理士といった建築のプロでありながら、全社員が「信州コンシェルジュ」として豊かな信州ライフをサポートしていきます。

 信州コンシェルジュ

 

 


おすすめ記事

21/03/01 長野県への移住が人気でおすすめな理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

21/03/02 田舎移住の準備・失敗しないおすすめの方法

21/03/04 地方移住先ランキング 各地域の魅力や人気の理由を紹介!

21/03/05 セカンドハウスとは?税制面での別荘との違いからローンの組み方まで解説

21/03/18 軽井沢移住の利点や失敗例、人気エリアのまとめ

 

コロナ禍で移住を検討されている方へ、おすすめ記事

21/03/11 二地域居住とは?メリット・デメリット・費用について解説

21/03/18 テレワークで地方移住!支援金制度や移住パターン・失敗しない方法について解説します。

 

記事一覧

1ページ (全29ページ中)

ページトップへ