移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

安曇野のシンボル「常念岳」

横地 昇介 横地 昇介

 

こんにちは!諏訪展示場の横地です。

今回ご紹介する山は「常念岳」です。

先日私も登ってきましたが、山の上はすでに紅葉が始まっており、季節の移り変わりを感じました。

常念岳は安曇野のシンボルであり、多くの人を魅了します。

実際に当社でも、常念岳が見える間取りを希望されるお客様もいらっしゃいます。

では、なぜ常念岳は多くの人に愛されるのでしょうか?

その魅力に迫っていきたいと思います。

 

~常念岳ってどんな山?~

常念岳は松本市と安曇野市の境に位置し、日本百名山の一つに数えられています。

標高は2857mで、ピラミッドのような特徴的な形をした山です。

また、森林限界を超える高山帯は雷鳥の生息域で、先日登った時もそのかわいらしい姿を見せてくれました。

 

 

~常念岳の魅力~

①特徴的な形

常念岳が安曇野のシンボルとされる理由、それはやはり特徴的な形ではないでしょうか。

 麓から見てもすぐにわかるピラミッドの形をしています。

 

②山頂からの絶景

また、山頂からの景色も魅力の一つです。

正面には穂高連峰がそびえ、天気が良ければ富山県や石川県の山まで見渡すことができるんです! 

松本市や安曇野市方面の街並みもよく見えるため、近くにお住まいの方はご自分のお家を探してみるのも楽しそうですね。

③豊富なコース

常念岳へのコースは主に2つあります。どちらも公共交通機関が通っていないため、少しアクセスしづらいです。

しかし、車で行けば、安曇野市内から30~40分ほどで行けてしまいます。

また他の登山口から入り、常念岳まで縦走するコースも人気です。

 

~常念岳にチャレンジしてみよう~

常念岳は下から眺めるも良し、登って四季を感じるのも良しと、楽しみ方が無限大の山です。

こんな素敵な景色をお家の中から見られたら、毎日の生活が豊かになること間違いなしです!

皆さんもぜひ安曇野市・松本市への移住をご検討されてみてはいかがでしょうか。

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ