瀧本 風子 瀧本 風子

地元住宅会社が教える「積雪が少ないおすすめ地域」 ~長野県北信エリアの雪事情~

公開日:2021/09/28(火) 更新日:2022/11/04(金) 長野・須坂・小布施・中野・飯綱

雪が降った風景と木の家の外観写真

「 長野県って雪がすごく多そうだよね・・・」 

雪の降る地域に住んだことがない方にとって、雪に対して不慣れなので不安を抱くことがあるのではないでしょうか?

そこで、今回は北信エリアの「雪事情と積雪が少ないおすすめ地域」をご紹介したいと思います!

 

長野県の寒さについては こちらの記事→ 寒い信州でも「あたたかい家」は実現できる!?3つの秘訣 をご覧ください。

 

INDEX

 

移住者の声と住宅事例がわかる『実例集』無料プレゼント

移住の先輩たちのお家事例を多数ご紹介。無料で郵送いたします。

移住の実例集プレゼント

 

 

信州の積雪、地域ごとの違い

長野県は、雪が多い「豪雪地帯」のある県です。

豪雪地帯よりもさらに積雪が多い「特別豪雪地帯」もあります。

さらに北信エリアは、その長野県の中でも積雪が多い地域です。
豪雪エリアを示す地域指定図を見ると、長野県北部に雪深いエリアが集中していることが一目瞭然ですね。

豪雪地域図

豪雪地域色分け

引用元:豪雪地帯の地域指定状況 -豪雪地帯の地域指定図 長野県-

 

豪雪地帯、特別豪雪地帯に該当する飯山中野市北部、長野市の鬼無里戸隠地区では、雪下ろしが必要なほど降ることがあります。

通常、長野県では屋根に雪止め金具をつけて積もった雪がいっぺんに落下することを防止しますが、
豪雪地域の場合は雪下ろしをすることを前提に、あえて雪止め金具をつけないこともあります。

豪雪地域の家の外観

【フォトギャラリー】豪雪地域に建つ、とんがり屋根の家

例えば、こちらは信濃町の実例。
雪止め金具は付けず、屋根の勾配はあえて急傾斜にして、積もった雪が人通りの少ない方向へ自然に滑り落ちるような設計にしています。
雪下ろしのために屋根に上るのは危険が伴いますし、かといって何十センチもの厚さの積雪をかぶったままにしておくわけにもいきません。
設計の工夫で少しずつ雪を落としてあげるのがベターです。

 

ただし、このように雪対策の特別な設計が必要な住宅地は多くはありません。

長野市街地などの平地では、年にもよりますが、15~30cmの積雪は2~4回程度です。
さらに、ここ最近1~2年は長野市内では、数十センチの積雪はありませんでした。
雪かきをした回数も、片手で数える程度です。

 

 

北信で積雪の少ない地域

北信エリアと言えば、スキー場がたくさんあり、長野オリンピックの舞台にもなったことから、積雪量が多さをイメージをされるのではないでしょうか。

しかし北信エリアのなかでも、その積雪量には大きな差があります。

例えば、私の個人的な体感ですが、比較的雪が少ないエリアを以下に挙げます。

 

雪が比較的少ないエリア

  • 中野市南部
  • 小布施町
  • 須坂市
  • 長野市北部

 

雪がより少ないエリア

  • 長野市南部(川中島や篠ノ井など)
  • 千曲市

 

同じ長野市内でも犀川を境に、北部と南部で積雪量が異なると言われています!

 

無料のオンライン『移住相談会』受付中

移住後の暮らしや住まいなどの心配事をお聞かせください。移住先が決まっていない方もご相談可能です。

オンライン移住セミナーボタン

 

 

各市町村ごとに整った除雪計画

雪下ろしが必要になる地域でも、除雪が行き届いていますので、通勤・通学にものすごく困るという事はありません。

長野市内の除雪道路も決まっており、市のホームページに除雪計画が載っています。

長野市行政地図情報「除雪路線図」

引用元:長野市行政地図情報

住宅地のなかの生活道路はご近所さん同士で助け合って雪かきをする必要がありますが、交通量の多い主要道路は除雪車が一気に除雪してくれます。

しかも、通勤通学路の安全を確保するために、自治体の除雪車は薄暗い早朝から作業してくれるのです!

都会で数センチの積雪により通勤通学の交通がマヒしてしまった、というニュースを見かけることがありますが、信州では数十センチの積雪があっても交通網に大きな乱れが起こることはあまりありません。

自治体主導で除雪の体制がしっかりと整っているからこそ、信州の冬は意外と安心して過ごせるのです。

 

 

雪に困らない、土地探しのチェックポイント

信州で土地探しから家づくりをするときには、除雪車が通る道路を確認しておくと良いと思います。

ご自分でよく分からない場合は、展示場スタッフにお尋ねいただければ、地域の情報を詳しくご紹介します!

ちなみに長野市は中央に千曲川・犀川が流れており、川北と川南の2大エリアに分かれているのですが、雪が降った日は川を越えるためのメインの2本の橋がとても渋滞します・・・^^;

川北に位置する当社の長野支店ですが、川南に住むスタッフの雪の日の通勤はいつもより30分以上時間がかかることもあるようです。

テレワークがメインのお仕事でなく、毎日出社するお仕事の場合は、冬の移動も考慮して土地探しのエリアを決めるのがおすすめです。

 

北信エリアは、雪が多いからこそ、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを思い切り楽しめます^^

雪が少ないエリアに住んで、ほどよい利便性のある日常生活とウィンタースポーツを満喫する休日の両立ができるのも、北信エリアの魅力だと思います!

雪に困ることなく暮らせる土地を探したい!という方は、ぜひご相談くださいね。

 

 


長野県北信エリアの紹介動画も合わせてご覧ください。

 

無料のオンライン『移住相談会』受付中

移住後の暮らしや住まいなどの心配事をお聞かせください。移住先が決まっていない方もご相談可能です。

オンライン移住セミナー

 





 

私たちは設計士や施工管理士といった建築のプロでありながら、全社員が「信州コンシェルジュ」として豊かな信州ライフをサポートしていきます。

 信州コンシェルジュ

 

 


おすすめ記事

21/03/01 長野県への移住が人気でおすすめな理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

21/03/02 田舎移住の準備・失敗しないおすすめの方法

21/03/04 地方移住先ランキング 各地域の魅力や人気の理由を紹介!

21/03/05 セカンドハウスとは?税制面での別荘との違いからローンの組み方まで解説

21/03/18 軽井沢移住の利点や失敗例、人気エリアのまとめ

 

コロナ禍で移住を検討されている方へ、おすすめ記事

21/03/11 二地域居住とは?メリット・デメリット・費用について解説

21/03/18 テレワークで地方移住!支援金制度や移住パターン・失敗しない方法について解説します。

 

1ページ (全34ページ中)