移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

移住で人気の松本市の特徴や魅力、メリット・デメリットを紹介

増田 愛菜 増田 愛菜
2021/03/15(月) 安曇野・松本

松本城

長野県は「移住したい県ランキング」において毎年上位にランクインしています。
そんな長野県の中でも、松本市は特に人気の市町村です。
すなわち、全国的に「移住したい市町村」という観点でみて上位にランクインしているといっても良いでしょう。

そんな不動の人気を誇る松本市ですが、一体どんな魅力があるのでしょうか。
詳しくみていきましょう!

 

目次

長野県松本市ってどんなところ?

松本市への移住メリット

松本市への移住デメリット

松本市で移住におすすめのエリア

まとめ

 

 

長野県松本市ってどんなところ?

松本市役所

松本市は人口約23万人の市で(2021年時点)、長野県内では2番目に人口が多い市です。
年間を通して降水量が少なく、標高が高いことから日照率の高さでも有名です。
そのため、晴天の日も多く、からっとしていて気持ちの良い気候も特徴です。

長野県下最大の面積を有し、3000m級の峰々が連なる北アルプスや広大な高原台地を誇る美ヶ原高原に抱かれた自然豊かな都市です。

そして、松本市といえば何といっても国宝松本城
世界遺産の姫路城や、有名な大阪城と並んで、毎年人気のお城ランキング上位にもランクインしています。
この松本城を中心に栄えた歴史から「商都松本」と称され、駅周辺には大型の商業施設をはじめ個性ある多彩な店が並び、市民や多くの観光客で賑わいを見せています。

そんな松本市の魅力は、3つの「ガク都」が重なり合って個性を放ちます。
ひとつめは「岳都」。市街地のどこからでも美しい山並みを望めることが、岳都と呼ばれる所以。北アルプスの玄関口として、大自然を身近に感じられる環境です。
ふたつめは「楽都」。松本市は昭和60年に「音楽とスポーツ都市宣言」をし、国際的な音楽祭である「セイジ・オザワ 松本フェスティバル(サイトウ・キネン・オーケストラ)」が毎年開催されるなど、地域をあげて音楽文化をはぐくむ風土が息づいています。
さいごに「学都」。明治に開校した開智学校、大正にゆうちされた旧松本高等学校などの歴史が、市民の学びの気質や教育機関の質の高さに結び付いています。才教学園、松本秀峰中等教育学校、インターナショナルスクールオブ長野など、地方都市にいながら幼少期からレベルの高い教育を受けられます。

さらに2019年度より「まつもと暮らし応援課」という移住・定住者のための総合相談窓口を設置するなど、積極的に移住の受け入れ態勢を整えています。
移住したい県ランキング上位の長野県の中でも手厚いサポートが整っているため、気軽に移住しやすい点も人気の市である理由のひとつです。

縄手通り

 

松本市への移住のメリット

松本市は美しい自然や魅力ある街並みに囲まれており、個性ある環境の中で充実した生活を実現できます。
松本市が人気の市町村である理由やメリットについて、早速見ていきましょう!

 

車がなくても生活できる利便性

松本市の中心部は路線バスが充実しているため、車がなくても十分生活できます。
そのため通勤時や通学時は、バスを利用する方も多いです。
田舎は公共交通機関が発達していない地域が多い中で、松本市のこういった利便性は希少です。
車の所有は取得や維持費に経費が掛かりますので、車を持たずに地方で生活したい人には魅力的なポイントではないでしょうか。

また、新宿に続く特急あずさが開通しており、都心まで約2時間半でアクセスできます。
他にも市内には長野県内で唯一飛行場があり、大阪や福岡へアクセスできます。
そのため、帰省や出張などで遠出する機会が多い方には便利な環境が整っています。

松本市美術館

 

文化芸術の街、松本

松本市は音楽文化の根付く街としても有名です。
国際的な音楽祭である「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」が毎年8~9月に開催され、市民全員で街中に溢れる音楽を楽しむ期間となります。
市内にはパイプオルガンを備えた松本市音楽文化ホールや、最大1800席、4層のバルコニーを備えるまつもと市民芸術館などがあり、様々な舞台芸術の鑑賞を楽しむ風土が息づいています。 

また、松本は工芸の街としても有名です。
毎年5月に「クラフトフェア」が開催され、全国各地の芸術作家が集まって作品発表をおこなったり、売買をする場となります。
他にも、世界的に有名な芸術家草間彌生のモニュメントの置かれた松本美術館などの美術館も充実しています。
このように町全体でアートや音楽を楽しむ芸術文化の街に惹かれて移住する人も跡を絶ちません。

開智学校

 

教育機関の充実

松本市は教育機関が充実していることも魅力のひとつです。
歴史的にみると、明治時代には開智学校が開校、大正時代には旧松本高等学校を誘致しています。
これらの歴史が市民の学びの気質や教育機関の質の高さと豊富さに結びつき、現代にもその風潮が残っているのです。

松本市内には、小中一貫校の才教学園
完全中高一貫教育を提供する松本秀峰中等教育学校
IB(国際バカロレア)プログラムの認定校であるインターナショナルスクールオブ長野では、2歳から幼小中一貫の教育を受けることができます。

地方都市にいながらも幼少期からレベルの高い教育を受けられるのは安心なポイントではないでしょうか。

 

職場環境の充実

東証一部上場の情報機器メーカーであるセイコーエプソン株式会社は塩尻市・松本市・安曇野市に本社機能を含めた複数の事業所を構えています。

他にも、大手製薬会社のキッセイ薬品工業株式会社の本社や生産工場、VAIO、パナソニック(株)、富士電機、デンソーエアクール、ハーモニックドライブシステムズなど、製造業を中心に全国に展開する優良企業が多数あります。

2017年に株式会社野村総合研究所が100都市を対象に分析した「成長可能都市ランキング」では、松本市は総合で全国8位、特に「子育てしながら働ける環境がある」で1位に輝きました。
柔軟な働き方ができる安定した勤務先が豊富にあり、保育園や幼稚園といった子育て支援が充実している証拠といえるでしょう。
松本市は、大都市から自立して地域で人材や企業を育成し、大都市と互角に競い、差別化しながら世界と結びつく「ローカルハブ都市」になる可能性を秘めた成長可能都市として注目を集めています。

また、医療従事者にとっても働き先が多数あります。
県内唯一の国立大学病院であり、外科内科をはじめとして32診療科を設ける信州大学医学部付属病院
全国に23か所しかないガン先進医療である陽子線治療を導入している相澤病院

このほかにも、総合病院が複数あり、医療環境が非常に充実しています。
地方都市にして、このような会社や病院が豊富といのは珍しいことではないでしょうか。

 

松本市移住のデメリット

そんな自然豊かな松本市ですが、地方であるがゆえに、都会と比べて生活の利便性やスタイルなどでデメリットもあるのが事実です。
以下どんなデメリットが存在するのか、具体的に見ていきましょう。

交通渋滞

 

通勤時間帯の道路渋滞

松本市は車の所有率が高いです。
そこに加え、市内は片側一車線の道路が多いため、通勤通学時間帯は交通渋滞で道が混雑します。

また、バス専用レーンが設けられていない道路も多いため、時間通りにバスが来ないといったこともあります。
こういったことから、市街地に住む方は自転車を利用して通勤通学する方も多いです。

松本市内は郊外行くほど公共交通機関が発達していないという問題もあり、そういった地域では車の所有は必須となってきますので、予めこういったデメリットがあることを確認しておく必要があります。

 

中心部は土地代が高い

松本市は駅周辺の中心部ほど坪単価が高くなる傾向があります。
2020年時点、松本市内の坪単価平均は約20万円となっており、その中でも松本駅周辺のエリアは約37万円を超えてきます。(参考:土地代データ

松本市で新築住宅を検討する際、安い土地を仕入れたいという方は、郊外エリアを検討する必要がありますが、郊外に行けば行くほど公共交通機関が発達していないエリアも多いため、車の所有も検討する必要があります。

 

松本市で移住におすすめのエリア

土地を探す際、自分の理想のライフスタイルや、実現したい住環境について、予め考えておくのが得策です。
ここでは、ライフスタイル別に市内のエリアを紹介していきます。

 

しっかりまちなかエリア

駅やバス停、スーパーなど、生活に必要な施設が徒歩圏内にある「まちなかエリア」です。

代表的なエリア:  深志、埋橋、井川城、平田、蟻ケ崎、渚 etc

坪単価は他の場所と比べて高いですが、市内の中心部に該当し、競争率も高いためすぐに売り切れてしまう人気のエリアです。

広い敷地の家

 

くらしよくばりエリア

松本市内では郊外に位置するこのエリア。
住宅街ですが、坪単価も安いため、駐車スペースや家の敷地を広く取りたい人にはお勧めのエリアです。

代表エリア:島内、島立、和田、新村、波田 etc

エリアの中でも、小中学校に近い土地、駅に近い土地など特徴が様々です。
田舎暮らしをゆとりある環境で満喫したい方々におすすめのエリアです。

 

のびのび景観エリア

利便性よりも、自然と共生する静かな住環境を重視したい人におすすめなのがこのエリア。
坪単価も5万円前後の場所が多く、ゆとりある敷地で理想のすまいと景色を望めます。

代表エリア:中山、寿小赤、内田、岡田町

せっかく長野県に移住するからには、周りの景観を楽しみたい!という方におすすめです。

松本城

 

まとめ

松本市は魅力的な環境や立地だけではなく、移住者に対しても積極的に支援政策を行っている点で、多くの移住者を魅了しています。
特に移住する際に気になる「仕事」の面でも、0から自分で探すのではなく、職探しをお手伝いする仕組みも複数あります
移住者の希望に沿った転職サイトや、希望者に対して協力企業の職場見学ツアーを開催する取り組みなどもたくさんありますので、気になる方は松本市に問い合わせてみましょう。

また、松本への移住にあたって、住まいの新築購入をお考えの方は、是非私たちフォレストコーポレーションにお問合せ下さい。

信州産の木を85%以上使ったお家で、信州らしい暮らしを実現しませんか?気になる方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

 






おすすめ記事

21/03/01 長野県への移住が人気でおすすめな理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

21/03/02 田舎移住の準備・失敗しないおすすめの方法

21/03/04 地方移住先ランキング 各地域の魅力や人気の理由を紹介!

21/03/05 セカンドハウスとは?税制面での別荘との違いからローンの組み方まで解説

21/03/18 軽井沢移住の利点や失敗例、人気エリアのまとめ

記事一覧

1ページ (全20ページ中)

ページトップへ