移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

標高2000mにある雪原を歩いたら360°パノラマで感動した話【子供と行ける信州の外遊び】

柄澤 忠祐 柄澤 忠祐

新潟から信州に来て20年。

最近、移住される方が多くいらっしゃる中で

自分の体験が信州暮らしの何かのお役に立てればと考え、

自分の好きなアウトドアや地域の食やお酒、歴史などをこの移住者ブログに綴っていきたいと思います。

「標高2000mにある雪原、美ヶ原高原を歩いたら360°パノラマで感動した話」

先日、白銀の美ヶ原へ子供と軽井沢に移住したばかりのファミリーと一緒に雪上トレッキングへ行ってきました。

美ヶ原は標高2000mに広がる平原、夏は牧場になって牛が放牧されているところです。

手前を歩いているのは9歳の長女と7歳の長男、奥に見えるのは、「王ケ頭ホテル(宿泊可能!!)」と電波塔です。

電波塔は松本の市街地からも見えるヤツですね。

因みに夏はこんな感じです。

冬の雪原を歩いて面白いのは、道なき道を一直線に歩けること。

夏に高山植物の上を歩いたら怒られちゃいますからね。

また登山、ましてや冬山登山というと子供を連れて行くにはハードルが高いのですが

ここ美ヶ原は平原なので防寒対策さえしっかりしていれば

子供と一緒にトレッキングをするような感覚で歩けてしまいます。

天気が良いと東は浅間山、南に八ヶ岳、富士山、南東に中央アルプス、御嶽山、北西に北アルプスが一望できます。

そうは言っても当日はマイナス10℃くらいでしたので自動販売機が冬眠する程めちゃ寒かったですが。。。

非日常の体験を日常の生活の一コマに!!

この美ヶ原は冬季は車で長和町からしか上がることが出来ません(夏季は松本からもOK)のでご注意を。

アクセスはこちら

軽井沢駅からだと下道で1.5時間。近いですね。松本、茅野からならもっと近い。

一緒に登った1人は鎌倉から出てこられたのですが、なんと午前3時出発。

なので、信州に移住するとこんな景色を日常的に、かつ日帰りで掴みに行けるんです。

ちょっと今日は天気良さそうだからドライブに、なんてことも信州に住んでいれば可能。

 

豆知識で、美ヶ原の歴史は平安時代に朝廷が管理していた牧がルーツ。近代では明治42年の開牧で110年もの歴史があります。

夏には400頭も牛(ホルスタイン)が放牧されているそう。

美ヶ原の入り口に「山本小屋」という民宿?宿泊な可能な山小屋があるのですがこれが牧場管理小屋から始まっているのも歴史を感じますね。

次回のブログをお楽しみに!

 




 

私たちは設計士や施工管理士といった建築のプロでありながら、全社員が「信州コンシェルジュ」として豊かな信州ライフをサポートしていきます。

 信州コンシェルジュ

 

 


おすすめ記事

21/03/01 長野県への移住が人気でおすすめな理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

21/03/02 田舎移住の準備・失敗しないおすすめの方法

21/03/04 地方移住先ランキング 各地域の魅力や人気の理由を紹介!

21/03/05 セカンドハウスとは?税制面での別荘との違いからローンの組み方まで解説

21/03/18 軽井沢移住の利点や失敗例、人気エリアのまとめ

 

コロナ禍で移住を検討されている方へ、おすすめ記事

21/03/11 二地域居住とは?メリット・デメリット・費用について解説

21/03/18 テレワークで地方移住!支援金制度や移住パターン・失敗しない方法について解説します。

 

記事一覧|軽井沢への移住

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ