柄澤 柄澤

軽井沢は100日霧の中。「霧の発生メカニズム」

公開日:2020/06/02(火) 更新日:2021/12/18(土) 軽井沢への移住

こんにちは。軽井沢支店の柄沢です。

今日の軽井沢は夕方から霧の中。

あっという間にサードオフィスも霧に包まれてしまいました。

なんと軽井沢は130日以上霧が発生しているそうで

年の平均湿度が80%以上だそうです。

湿度だけ見るとなんかジメジメしていて暑そう!と思われる方もいらっしゃいますが夏の平均気温が20度前後(※軽井沢町HPより)

なのと標高1000mの爽やかな高原の風が吹くので不快感あまり感じないそうです。(軽井沢の地主さん談)

因みに、日本海側のジメジメした気候の新潟でさえ平均湿度は70%前後。

いかに軽井沢の湿度が高いかが分かるかと思います。

では何故霧が発生しやすいのか? 下の図をご覧下さい。

軽井沢の町内はおよそ標高1000m、碓氷峠の 麓である横川は387m

関東平野から吹いてきた風が碓氷峠の標高差600mを駆け上がり上昇気流となる。

その上昇気流にのった空気は気圧が低くなると膨張して温度が下がり、

  飽和した水蒸気が霧となって軽井沢町内に現れるのです。

ところで霧と雲の違い分かりますか?

 実は、霧と雲は同じものです。

発生している場所が地表に近いところなのか上空に浮遊しているものなのか

の違いだけなんです。

うちの子供が「雲を食べたい!」ということがあります。

そんな時は無理だよと言わず軽井沢に来れば良いのですね。 思う存分食べさせてあげることが出来ます(笑)

 

さて、そんな湿度が高い状態は家屋にとってみれば大敵でカビを発生させる原因にもなっています。

押入れの奥、棚の裏、サッシ周り、など挙げればキリありません。

軽井沢の中古住宅を見学した時は、入った瞬間にカビの匂いが鼻をついたのを覚えています。

その点、当社の住宅は、無垢の木材を使用する事とエアパス工法を採用することでカビが発生しにくい住環境を作り出しています。

それについては今度ブログで書きたいと思います。お楽しみに!

 

★☆★☆ 軽井沢移住『オンライン相談会』を開催中!! ★☆★☆

   詳細は ”イベント情報” をご覧ください

 平日・土日祝(火・水休み) 10:00~20:00

 

 

 

 

軽井沢 新築一戸建て分譲住宅
― 販売物件 ―

 

美しい片流れ屋根の家
塩沢エリア
9,900万円

別荘地の雰囲気を感じられる塩沢エリアに、ゆるやかな片流れ屋根と下屋のラインからなる印象的な外観のお家を計画しました。板目調の外壁の一部に格子を施すことで、夜は格子からやわらかな光が漏れ素敵なアクセントとなります。また石張り調タイルの壁柱を施し、木のあたたかさに加え、重厚感も感じられます。

詳細はこちら

 

雄大な浅間山を望む信濃追分の家Ⅲ
借宿・追分エリア
6,800万円

建物の東側に1台分のカーポートを設け、玄関・デッキテラスまでつながった屋根が特徴的。建物の南側はプライベートな広々とした庭を確保しました。土間サロンから繋がる広いウッドデッキでは、自然の中で朝食をとったり、ご友人を招いてティータイムやBBQを楽しむことが出来ます。

詳細はこちら

 

南原の家Ⅰ-D
南原・南ヶ丘エリア
1億800万円

      「木と石張りの邸宅」
大切な家族、大切な仲間を招いて、贅沢な時間と空間を分かち合う『アクティブな週末ベースの家』が誕生します。広々LDKと土間サロンの大空間がウッドデッキまでつながり、ランチやBBQを楽しんだり、ガーデンニングに夢中になったり・・・。非日常のリビング空間を保ちます。

詳細はこちら

         

 

『軽井沢の売土地』最新情報はこちら ≫≫≫≫

 人気エリアの新規分譲地を公開中!! 「工房信州の家」の建築条件付き土地となります。

 

 

 

 

法人で建てるThird office《サードオフィス》という選択!!

長野県の豊かな自然のなか、ペットのお散歩を楽しんだり、広い庭でお子様と遊んだり、家庭菜園に挑戦したり…
大自然の生態系の一部として全身で感じられる長野県の環境には、都会では体験できない非日常の暮らしがあります。
さらには、リゾートホテルや宿泊施設ではなく、戸建て別荘という『家』だからこその距離感が、家族や仲間との深いつながりを育む。

そのような、強いつながりを生むような別荘を、個人だけでなく企業の皆様にもご提供するのが『サードオフィス』です。

画像

豊かな森の中で過ごす

 

画像

大切な家族・社員や仲間とともに

 

法人別荘という選択は、社員エンゲージメントや節税・資産運用管理だけでなく、経営者様のリフレッシュと関係性の構築をとおして、企業の発展につなげるこれからの時代の新しい戦略基地になるでしょう。
個人ではなく法人で建てる可能性もご検討されてみてはいかがでしょうか!

サードオフィスについて詳しくは【Thirdoffice公式ホームページ】をご覧下さい。

            サードオフィス 

 

 

1ページ (全39ページ中)