移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

移住で人気の須坂市の特徴や魅力、メリット・デメリットを紹介

寺沢 大我 寺沢 大我

須坂市街地と虹

移住したい県ランキングで常に上位にランクインする長野県。
8県と隣接し、都市部へのアクセスも良い環境ながら、雄大なアルプス山脈や自然に囲まれる生活が人気で、近年移住する人が跡を絶ちません。

そんな長野県の中で、今回は長野県北東部の町、須坂市について徹底分析していきます!

 

目次

長野県須坂市ってどんなところ?

須坂市への移住のメリット

須坂市への移住のデメリット

須坂市で移住におすすめのエリア

まとめ

 

長野県須坂市ってどんなところ?

須坂市は長野県北部に位置する、人口約5万人の市(2020年時点)。
県庁所在地である長野市までは、車を20分も走らせれば行けます。
明治から昭和にかけて製糸業で栄え、今もその名残で土蔵や昔の建物が多く残っており、蔵の町としても有名です。
また、北アルプスはもちろん、米子大瀑布や臥竜公園などの自然豊かなスポットも多くあるため、歴史と自然の香る街としても有名です。

須坂駅ロータリー

 

須坂市移住のメリット

移住で須坂市を検討するにあたって、どんなメリットがあるのかは予め押さえておきたいところです。
一体どんな魅力があるのでしょうか?早速見ていきましょう!

 

移住者に向けた就労支援が手厚い

須坂市移住ホームページ

須坂市役所には、信州移住支援チームという部署があり、積極的に移住者の受け入れをおこなっています。
昨今のコロナウイルスの影響で在宅勤務の会社が増加したことや、移住を検討する人が増加していることにも伴い、年間100人以上の方から移住相談の問い合わせがあるそうです。

須坂市は長野市からも近く、スーパーや勤務先も多いため、とくに便利な田舎町を希望する方からの需要が多いといいます。

そして、須坂市の移住支援で一番の魅力は、就労サポート
移住を機に転職する方向けに、転職のお手伝いを市がサポートしてくれます。

なんと、須坂市は移住者向けの転職先の仕事と住居をセットで紹介してくれる、とても魅力的な支援を行っているそうです!

詳しく知りたい方は、須坂市役所までお問合せください。

▼ 須坂市役所の移住担当者様のインタビュー動画もご覧ください!

 

スーパーマーケットの数が多い

須坂駅近くの市街地半径2キロ以内はスーパーマーケットの激戦区と言われています。
農業の盛んな須坂市内で採れた新鮮な野菜も手に入りやすく、スーパー激戦区という土地柄価格競争で食料品を安く仕入れることができるといったメリットがあります。

買い出しの多い子育て世代には嬉しい環境ですね!

シャインマスカット

 

おいしい野菜や果物が安く手に入る!

須坂市は降水量が年間を通して少なく、昼夜で寒暖の差が大きい気候です。
この気候は果樹や野菜の栽培に適しているため、年間を通しておいしい野菜や果物が採れます。
名産品としては、ももやぶどう、シャインマスカットや梨など様々です。
とくに近年シャインマスカットは全国的に高級フルーツとしても人気がありますが、須坂市にいればワンコインで食べられるといったこともめずらしくありません!

こういった地産の食べ物が安く市場に出回っているため、毎日新鮮な食べ物を安く仕入れることができます

 

県庁所在地長野市のベッドタウン

西隣には県庁所在地の長野市があるため、田舎暮らしを満喫しながらも市街地へもすぐにアクセスできます。
比較的ベッドタウン的な要素もあるのが須坂市の特徴です。
田舎でゆとりある環境ながら、スーパーが充実していて生活必需品も揃えやすい環境が整っているのも嬉しいポイント。

 

美しい自然を有する公園や景勝地がたくさん!

米子大瀑布

桜の名所である臥竜公園五味池破風高原自然園米子大瀑布など、須坂市内には美しい自然が魅力の公園や景勝地がたくさんあります。
その他にも須坂市動物園美しい蔵の街並みなど、週末に家族で出かけるのに魅力的なスポットがたくさんあります。

 

須坂市への移住のデメリット

運賃が高い

市内の中心駅は須坂駅で、ここには長野電鉄が通っています。
これに乗れば、県庁所在地の長野市までは約25分でいけます。
ただ、長野県内の私鉄は比較的運賃が高く設定されているため、長野電鉄も例外ではありません。
走行距離12.5kmで往復1100円という価格設定となっているため、毎日長野方面まで電車を利用して通勤される方にはデメリットに感じるかもしれません。

バスターミナル

 

車の所有が必須

須坂市に限らず、田舎は公共交通機関が発達していません。
市内にはバスが通っていますが、都会に比べて本数も少ないため、移動にはマイカーが必須となります。
そのため、車の免許を持っていない人や、老後でまもなく免許を返納しなければならない高齢の方には、デメリットとなるかもしれません。

須坂市蔵の街並み

 

須坂市で移住におすすめのエリア

墨坂エリア

商業施設の多い市街地からも近く、子育て世代からの人気が高いこの墨坂エリア。
高速道路の須坂ICからも距離が近いため、移住者からは人気の地域となっています。
そのため須坂の中では一番坪単価も高くなっており、住宅激戦区になるほど須坂市内の中では人気のエリアです。

 

臥竜エリア

臥竜公園や須坂市動物園などが近く、自然豊かなこのエリア。
市街地からは少し離れますが、須坂市の利便性は手放さず、週末は自然に癒されてのどかな暮らしをしたい方には、このエリアをおすすめ。

 

須坂駅周辺

蔵の町須坂を体感できるこのエリア。
江戸時代には須坂藩の館町として、明治から昭和にかけては近代製紙業によって栄えた街並みが今も残っており、歴史を感じる風情ある街並みとなっております。
特に夜の景色は昼間と違ってまた違う趣があり、歩くだけでも楽しいエリア

長野駅方面に電車を利用して通勤を考えている方や、駅前で利便性を重視したい方に特におすすめのスポットとなっております。

 

豊丘・亀倉エリア

須坂市の中心部からは離れますが、のどかな環境が特徴です。
このエリアは坪単価平均も6万円と非常に安く、安く土地を仕入れることができるため、自然の多い閑静な場所でマイホームを建てたい方には、おすすめのエリアです。

広い土地を購入してゆとりあるマイホームの計画が可能となり、庭部分も広くとれるマイホームの計画が実現できます。

須坂市役所展望室からみた夕方の街並み

 

まとめ

須坂市は田舎過ぎず都会過ぎずな、便利な田舎町として定評があります。
田舎への移住を考える方も「あまり田舎過ぎたらどうしよう・・・」という不安を抱えている方にとっては、住みやすい環境です。
須坂への移住をお考えの方は、一度須坂市役所に問合せてみて、移住支援について詳しく聞いてみることをおすすめします。

また、須坂への移住で新築物件の購入をお考えの方は、是非私たちフォレストコーポレーションにご相談ください。
長野県全域で県産材を85%以上使った信州ならではの住宅事業を展開する会社として、ぴったりの暮らしをご提案していきます!
気になる方は、お気軽にお問合せください。

 






おすすめ記事

21/03/01 長野県への移住が人気でおすすめな理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

21/03/02 田舎移住の準備・失敗しないおすすめの方法

21/03/04 地方移住先ランキング 各地域の魅力や人気の理由を紹介!

21/03/05 セカンドハウスとは?税制面での別荘との違いからローンの組み方まで解説

21/03/18 軽井沢移住の利点や失敗例、人気エリアのまとめ

記事一覧

1ページ (全20ページ中)

ページトップへ