移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

憧れの山No.1!「槍ヶ岳」

横地 昇介 横地 昇介

こんにちは!諏訪展示場の横地です。

突然ですが、皆さんは「アルプス一万尺」という歌をご存じですか?

子供の時にうたったことがある方も多いのではないでしょうか。

この歌の歌詞で「小槍の上でアルペン踊りを…」という部分があります。

今回ご紹介する山はまさにこの「小槍」がある山なんです!

その名も「槍ヶ岳」! 多くの登山者があこがれる山です。

 

~槍ヶ岳ってどんな山?~

「槍ヶ岳」は標高3180mで、長野松本市・大町市と岐阜県高山市の境にある北アルプスの山です。

 

この山の標高は日本で5番目に高く、頂上直下の100mはほぼ垂直のはしごがあったり、長い鎖があるなど難易度は高いです。

しかし、「登山者があこがれる山No.1」とまで言われるほどの人気があり、毎年多くの登山者でにぎわいます。

では、なぜ「槍ヶ岳」はここまで人気があるのでしょうか?

 

~槍ヶ岳の魅力~

①美しい山容

槍ヶ岳はその名の通り、槍のような形をしており、遠く離れた茅野市からでもハッキリとわかるんです!

ちなみに最初に触れたアルプス一万尺の「小槍」とは、頂上のすぐ下にある飛び出た岩のことで、ここに登るにはロッククライミングの知識と経験が必要で、ここでアルペン踊りを踊るのはとても困難なことです。

②険しいルート

槍ヶ岳へ登頂するルートはいくつかありますが、どのルートも難易度高めです。

最もメジャーなルートは上高地から入るものですが、こちらはコースタイムが10時間以上とかなりハードです。

初心者の方が登る際は、経験者の方と一緒に行くことをお勧めします。

 他にも槍ヶ岳の南にある稜線は「大キレット」と呼ばれ、日本最難関の登山道の一つに数えられるほど難易度の高いルートとなっています。

③山頂からの景色

槍ヶ岳の山頂からは北アルプスの山々を望むことができます。

険しいルートを登ってきたからこそ、そこから見る景色は感動的です。

頂上はあまり広くなく、時期によっては頂上に入りきらず、渋滞が起きることもあります。

 

~槍ヶ岳に登頂するために~

初心者の方が槍ヶ岳にいきなり登るのはかなりハードで危険です。

高山に体を慣らし、標高差1500mを登りきる体力が必要になります。

そのためには、低山などでトレーニングを積み重ね準備していくことが最適かと思います。

準備には時間がかかるかもしれませんが、それでも目標にするには最適の山ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ