横地 横地

【北アルプス】北アルプスの名峰を結ぶ、夢の大縦走 ~前編~

公開日:2023/08/19(土) 更新日:2024/03/29(金) 安曇野・松本横地の山ブログ

 

こんにちは!諏訪展示場の横地です。

皆さん、お盆休みはいかがでしたか?

今年はコロナが五類に移行し始めてのお盆休みでしたので、実家への帰省や旅行など、ご家族やご友人と過ごした方が多いのではないでしょうか。

私は昨年同様、北アルプスを縦走していました。

昨年は3日間とも曇天でしたが、今年は全日快晴で天気にも恵まれた3日間でした。

今年も3編に分けて縦走登山の様子をご紹介していきたいと思います。

前編の今回はルート概要と1日目の様子です。

 

~ルート概要~

今回の縦走登山の概要は以下の通りです。

【日程】8月10日~12日

【行程】1日目:折立登山口(富山県)~太郎平小屋~薬師岳~太郎平小屋

    2日目:太郎平小屋~北ノ俣岳~黒部五郎岳~三俣山荘~鷲羽岳~三俣山荘

    3日目:三俣山荘~三俣蓮華岳~双六岳~新穂高ロープウェイ(岐阜県)

【天気】1日目:快晴(稜線上は風速約10m)

    2日目:快晴無風

    3日目:快晴無風

【総距離】49.4㎞(1日目:14㎞、2日目:17.7㎞、3日目:17.7㎞)

【合計歩行時間】21時間40分

【消費カロリー】8228㎉

 

今回縦走登山のテーマは「夢の縦走路」

北アルプスの登ってみたい山がいくつかあったので、それらを繋いで縦走コースを作成しました。

特にメインが2日目に登った鷲羽岳

3年前にこの山の存在を知り、以後ずっと登りたいなと思い、ついに今年登ることにしました。

詳しくは別の記事で書きますが、名前と見た目が格好良い!

ただそれだけで憧れていました。

他にも薬師岳黒部五郎岳双六岳も登ってみたかったので、今回はそれらすべてを制覇して、まさに夢の縦走でした!

しかも3日間とも快晴で、ここ数年で一番良いタイミングで登れたことも大きかったです。

おかげで顔、首、腕がこんがり焦げてしまいました…(日焼け止めを塗り忘れたせいで…)

 

~縦走登山の様子~

それではここから縦走登山の様子を書いていきます。

前編は初日の様子です。

【1日目】

スタートは富山県の折立登山口から。

全日に富山市に宿泊し、朝一で電車とタクシーを使って登山口にアクセスしました。

6:56 お盆休みということもあり、駐車場は満車でした。

ここから宿泊地である太郎平小屋まで標高差約1000mを登ります。

 

全体的に緩やかな登りだったので、寝起きの体を起こすのにちょうどよいウォーミングアップができました。

 

7:57 しばらく歩くと視界が開け、薬師岳が目の前にそびえます。この日の最高地点は薬師岳だったのでなかなか初日から頑張りました。

ここからは常に視界が開けており、麓の有峰湖富山湾、立山の名峰剱岳などが見えています。

 

9:00 五光岩ベンチまで来ると太郎平小屋が見えてきます。

 

9:36 太郎平小屋に到着。出発から2時間半ほどで着いてしまいました。少し休憩して薬師岳を目指します。

 

10:03 しばらく木道を歩くと薬師峠キャンプ場に到着。ここから少し登って薬師平を目指します。

 

薬師平からは私の大好きな槍ヶ岳がチラリ。

ここから山頂まで稜線歩きが楽しめます。常に北アルプスの雄大な稜線と富山湾を見ながら歩けます。

 

11:34 薬師岳に到着。これで日本百名山は35座目になりました。まだまだ先は長いです…

山頂での景色を堪能して下山の途につきます。実はこの日の最大の目的は薬師岳ではなく、太郎平小屋名物の太郎ラーメンでした。食事提供は14時までなので少し早歩きで下山。

 

13:01 なんとか時間に間に合いました。太郎ラーメンは醬油味でニンニクが効いているので疲労回復にはもってこいです。

 

初日の行動はここまで。明日は3日間で一番ハードな一日なので早めに就寝しました。

2日目の様子は次回書きます。お楽しみに!

1ページ (全39ページ中)