信州コンシェルジュ concierge

人と人を繋ぐ蕎麦屋 木鶏

2021/12/09(木) 安曇野・松本

こんにちは。

松本展示場スタッフの増田です。

 

今回は、私の地元でもある山形村にあるお蕎麦屋さんを紹介します!

 

信州 = 蕎麦 というイメージをお持ちの方は多いと思います。

遠方から展示場にお越しいただくお客様からも

「せっかく長野県に来たからお蕎麦を食べて帰ろうと思うんです。」

 という声もよく聞きますが、お伝えできるおすすめのお店のレパートリーが少ない…。

 

 

ということで、山形村にある「そば処 木鶏」さんに松本支店のメンバー3人で伺いました。

 

お店に入ると一番最初に目に入ってきたのはこちらの言葉。

店主の塙さんは、福島県出身。

縁もゆかりもない信州との繋がりは、ノープランの長野旅行がはじまりだったそう。

山形村でご自身のお店を出すまでには、たくさんの方とのご縁がありました。

そこから、この言葉を大切にしているとのこと。

お蕎麦をいただいた日とは別日にお時間を取っていただき、お話を伺ってきました。

その模様はまた後日掲載します。

気になる方は、ぜひ直接塙さんに聞いてみてください。

 

 

お店に伺ったのは、ちょうど新蕎麦が出始めた頃。

 

初めて目にするような名前ばかりが並ぶメニュー表。

せっかくならと、つけ蕎麦を注文しました。

まず一口目は、塩のみで。

新蕎麦だからこそ、シンプルな食べ方が香りも楽しめるそう。

蕎麦本来の味を感じました。

 

つけダレはオリーブオイルや鴨を使用した、名前も見た目も洋風なもの。

初めて食べる味でしたが、美味しい。

季節限定メニューのため、この時期しか食べられないとのことでしたが、また食べたくなる味でした。

お腹一杯と思いながらも、全員でデザートにプリンも注文してしまいました。

 

他にも季節ごと、長野県内各地の旬の食材を使ったメニューを楽しむことが出来ます。

 

 

信州に移住されてきて10年以上。

美味しいお蕎麦はもちろんですが、信州での暮らしについてもお話を伺えるかもしれません。

 

 

 

1ページ (全33ページ中)