移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

北アルプスの活火山「焼岳」

横地 昇介 横地 昇介

 

こんにちは!諏訪展示場の横地です。

関東甲信越は梅雨入りが宣言されましたが、晴れが多く山好きとしてはうれしい日々が続いています。

先日私は北アルプスの「焼岳」に登ってきました。

とても良い山だったので今回ご紹介していきたいと思います。

 

~焼岳ってどんな山?~

 

焼岳は標高2455mの北アルプスにある活火山です。

頂上付近では今でも噴煙が上がり、硫黄のにおいが漂っていました。

現在は噴火警戒レベル1なので頂上まで行くことができますが、登る前に噴火警戒レベルは必ずチェックしてください!

一番最近の噴火は大正4年で、噴火の影響で梓川がせき止められ大正池ができました。

 

~見どころポイント~

①樹林帯

今回私が登った新中の湯コースは、初っ端から樹林帯の急登が始まります。

しかし焼岳の樹林帯は、笹が生えていたり、深い森を感じられるのが特徴です。

今の時期ならジメジメしていないのでとても歩きやすかったです。

②下堀沢出会

樹林帯を抜けると視界が開け、焼岳の頂上や噴煙が見えます。

ここから先は岩がゴロゴロ転がる登りが続くので足元に注意です。

③山頂

山頂からは、上高地が見下ろせて、正面には雄大な穂高連峰がそびえています。

上高地がとても深い谷にあることがよくわかります。

今までは上高地から見上げていた焼岳ですが、今回やっと山頂に立つことができました。

 

~焼岳にチャレンジしてみよう!~

 焼岳は北アルプスの中では初心者向きの山です。

日帰りで登れてアルプスの急峻な山岳風景を眺められる、とても素晴らしい山です。

皆さんもこの夏にぜひ挑戦してみてください!

記事一覧|安曇野・松本

2ページ (全6ページ中)

ページトップへ