移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

雄大な自然を感じる「御嶽山」

横地 昇介 横地 昇介

 

こんにちは!諏訪展示場の横地です。

10月に入り、朝や夕方になると冷え込む日が増えてきました。

そして、信州の山では紅葉が始まりました。

今年は例年に比べ、紅葉が1週間ほど遅れているようですが、色づきは去年よりもいいそうです。

そこで今回は、気軽に紅葉を楽しめる「御嶽山」をご紹介します。

 

~御嶽山ってどんな山?~

御嶽山は長野県木曽郡と岐阜県下呂市・高山市の境にある標高3067mの山です。

 

2014年9月27日に戦後最大の火山災害といわれた大噴火が起きたことは記憶に新しいことですよね。

噴火が起きた時期が紅葉シーズンの日中と、一年で最も登山者が集まる時期であったことも

多くの死傷者が出てしまったことの要因とされています。

現在でも山頂付近は登山道に規制がかけられ、通れない箇所があったり、植物が枯れていたりと、噴火の爪痕が残っています。

  

そんな噴火のイメージが強い御嶽山ですが、実はとても登りやすく、雄大な自然を楽しめる素敵な山なんです!

 

~御嶽山の魅力~

 御嶽山の魅力は豊富な登山コースです。

御嶽山はピークが4つあり、それぞれに登山道が通っているので、登山口だけでも8つあります。

そのなかで最もおすすめのコースは黒沢口登山道です。

このコースはロープウェイを利用して途中まで行けるコースです。

そのため、初心者の方でも日帰りで登ることができます。

深い森におおわれていて、幻想的な景色が広がっています。

道中には急な坂や危険個所がないため、紅葉を楽しみながらゆっく歩けます。

また、山小屋もいくつかあるため、1泊2日のゆったりとした行程にもできます。

 

~御嶽山にチャレンジしてみよう~

御嶽山は様々なバリエーションを楽しむことができるため、いろんな目的をもって登ることができます。

山小屋に泊まるも良し、景色を楽しむも良し。

ただ、それと同時に自然の恐ろしさを教えてくれるのも御嶽山です。

どんな山でも自然を相手にしていることを忘れずに行動することが大切です。

皆さんも絶景の御嶽山に登ってみませんか?

 

記事一覧|2020年10月

ページトップへ