移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

女神に会える「雨飾山」

横地 昇介 横地 昇介
2021/04/09(金) 横地の山ブログ

 

こんにちは!諏訪展示場の横地です。

季節は進み、早くも4月になりました。

長野県でもが満開になり、日本アルプスや八ヶ岳では雪解けが進みつつあります。

 気温が上がってくるとなんだか体を動かしたくなりますよね!

そこで今回は、日帰りで行けて、新緑を楽しめて、山頂から絶景を眺められる「雨飾山」という山を紹介します。

目次

 

~雨飾山ってどんな山?~

雨飾山は長野県北安曇郡小谷村と新潟県糸魚川市の境にある山です。

標高は1963mで日本百名山に数えられています。

雨飾山の魅力は、見どころがたくさんあり、様々な景色を楽しむことが出来るという点です。

それでは雨飾山の見どころポイントについてご紹介していきます。

 

~雨飾山の見どころポイント~

①ブナの原生林

雨飾山にはブナが多く生えており、6月頃に行けば新緑を楽しむことが出来ます。

木の葉が日光を遮ってくれるので山の中はひんやりとしていてとても気持ちがいいです。

また、秋になればブナが紅葉し、山全体が赤く染まります。

②布団菱

布団菱とは、雨飾山山頂直下にある白い岩壁のことです。

夏は周りの木々の緑とのコントラストがとても美しいです。

③笹平

 尾根をしばらく登り続けると今度は一面笹が広がるゾーンが現れます。

背丈ほどもある笹平の中の登山道は山頂から見ると女性の横顔に見えます。

これが「雨飾山の女神」と呼ばれるポイントです。

自分が歩いてきた道がわかるのも素敵ですが、それが女性の横顔に見えるのは面白いですね。

④山頂からの絶景

山頂からは360度の大パノラマが広がっています。

北アルプスをはじめとする山々と笹平、そして天気が良ければ日本海とその上に浮かぶ佐渡島まで見えます!

この景色を見ればここまで登ってきた疲れも吹き飛ぶこと間違いなしです。

 

 ~新年度は登山にチャレンジしてみよう~

 

新年度が始まり、何か新しいことに挑戦してみたいとお考えの方がいたら私は登山をお勧めします。

登山は自然を相手にしていることもあり、最も危険なスポーツと言われることもあります。

しかし、しっかりと準備をして行けば危険な目に遭う可能性も低くすることが出来ます。

しかも、適度に運動ができて、美しい自然にも出会える。

実は登山はとても魅力的なスポーツでもあるんです。

まずはご近所の低山から始めてみてはいかがでしょうか。

信州でお待ちしております!

記事一覧

1ページ (全20ページ中)

ページトップへ