移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

“東洋のスイス”と呼ばれた、ものづくりの街「岡谷市」 -基本情報・住環境編-

唐澤 祐佳 唐澤 祐佳

こんにちは。諏訪展示場の唐澤です。

今回は、湖に映えるものづくりの街「岡谷市」について

ご紹介いたします。 

 

今回の記事は、以下のような方におすすめ。

・湖や山並みを眺めることが好き。

・移住に興味があるけれど、利便性の良い所で暮らしたい。

・子育て世代にベストな移住先が知りたい。

 

そんな想いのある方にお勧めな場所が、「岡谷市」です。

 

岡谷市ってどんなところ?

画像:岡谷市HPより

 

岡谷市は、信州の中心諏訪湖のほとりに位置し、豊かな緑に囲まれた人口約5万人が暮らす街です。

 

かつて全国一の製糸業のまち「シルクおかや」として栄え、

戦後からは、時計やカメラなどを中心とした精密工業が盛んになり、

「東洋のスイス」と言われていました。

現在も超精密加工技術の集積地として、多くのものづくり企業が拠点を構えています。

 

 

岡谷市の交通事情

日本 中心、信州の中心に位置する岡谷市は、

都市部へのアクセス環境も魅力の一つです。

画像:岡谷市HPより

 

東京へは、車で約2時間30分、電車で約2時間15分

名古屋へは、車で約2時間、電車で約2時間30分でアクセスできます。

 

また、線道路は道路幅が広く、運転に不慣れな方も安心♪

さらに、市内全域を走る「シルキーバス」や、諏訪湖周を走る「スワンバス」があり

車移動を避けたい方や、車をお持ちでない方に便利です!

 

▶運賃 大人(中学生以上):150円/子供(小学生):80円/小学生以下無料

 

 

医療体制

市内には、総合病院をはじめ、多くの医療機関や介護・福祉施設があり、

もしもの時にも安心です。

 

また、新生児から中学校卒業までの医療助成はもちろん、

今回のコロナウイルスでは、家庭への影響を踏まえ、

子育て世代に対して臨時特別給付金(10,000円/人)を補助するなど、

安心の医療体制、医療補助体制が整っています!

 

画像:岡谷市HPより / 岡谷市民病院

 

 

子育て環境

 

子育て世代にも人気の理由があります!

市内には、保育園等(公立・私立保育所/私立保育事務所)が17園!私立幼稚園が3園!と

充実しており、小中学校についても市内各所に立地しています。

 

また、子育て世代への支援策として二つの補助がございます!

  ①子育て支援保育料癌額事業

  →満18歳未満のお子様を3人以上養育している家庭は、

  第3子以降のお子様に対する保育料が無料!または9割免除!

  ②私立幼稚園就園補助金

  →同時に2人以上のお子様が就園している家庭には、2人目の保育料の半額分を補助!

 

それぞれのご家族構成に合わせ、市から助成制度があるのは、心強いですよね♪ 

 

岡谷市では、この他にも「子育て支援館 こどものくに」や、

市内4つの保育園に「子育て支援センター」を設置しています。

親子で遊んだり、ご家族交流など、ほっとできる場、相談しあえる場が充実しており、

安心して、子育て出来る環境が整っているのも大きな魅力です!

 

 

今回は、岡谷市の基本情報や住環境についてのお話でした。

次回は「ものづくりの街」ならではのお仕事環境と、移住支援についてお届けします!

 

その他、八ヶ岳エリアの市町村情報についても、随時アップしていくので、ぜひご覧ください。

 

記事一覧

1ページ (全20ページ中)

ページトップへ