移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

長野県に移住して気づいたこと

横地 昇介 横地 昇介

 

こんにちは!諏訪展示場の横地です。

私は去年の4月に長野県に移住してきて、今は県の真ん中あたりにある茅野市というところで生活しています。

最初は関東地方との違いに驚いたりすることもありましたが、だんだんとコチラでの生活にも慣れてきました。

そこで今回は、私が長野県に移住してきて気づいたこと、東京とは違うなと思ったことを

「気候」「利便」「その他」の3つに分けて書いていきたいと思います。

 

~気候~

長野県への移住を検討されている方は特に気候について関心があるのではないでしょうか。

まずですが、東京に比べると少し涼しく感じます。

特に今住んでいる茅野市は標高が高いこともあって、市内でも市街地と別荘地で気温差が大きくあることも珍しくありません。

ただ涼しいと言っても真夏になれば30℃近く上がることもあります。

次にですが、長野県の冬は寒いです。

東京も冬はもちろん寒いですが、何となく肌で感じる寒さの種類が違うように思います。

また、雪に関しては、茅野市では雪はあまり積もりません。

積もっても5㎝ほどで次の日には溶けていることがほとんどです。

私も雪の心配をしていましたが、今のところ雪道での運転で危険を感じたことはありません。

 

~利便~

長野県に限らず、地方都市では車がないと生活しづらいと言われます。

確かにその通りで、長野県ではほとんどの世帯で車を所有しています。

電車の本数もあまり多くないため、車を使ったほうが移動しやすいです。

しかし、市街地に出れば基本的には何でも手に入ります。

コンビニやスーパー、医療施設も充実しており、快適な生活を送れます。

 

~その他~

気候、利便とご紹介してきましたが、やはり長野県の特徴といえば山が近いということです。

長野県は県土の7割が山地で、県内のどこにいても必ず山が見えます。

実際山が好きで長野県に移住してきたという方もいらっしゃるようで、山好きにとっては最高のロケーションと言えるでしょう。

 

~まとめ~

移住を検討されていると言っても、何の情報も得ずに移住することはハードルが高いでしょう。

ですので、まずは長野県に遊びに来て信州を感じてみてください。

長野県にはたくさんの魅力があり、住んでいる方々もとても暖かいです。

移住するには最適の場所だと私は思っています。

記事一覧

1ページ (全19ページ中)

ページトップへ