移住コンシェルジュ

Staff Blog 移住コンシェルジュ

信州へ「脱東京」長野県6か月連続転入超過!

信州コンシェルジュ concierge

長野県の新聞記事にこんな記事が!

「脱東京」

コロナの影響か、リモートワークが定着した影響か・・・。都会に住む多くの方の移住相談が増えています。

県が10月30日発表した毎月人口異動調査に基づく人口推計で、9月の1カ月間に東京都から長野県に転入した人は516人に上り

転出者(422人)を上回って94人の「転入超過」となったことが分かった。新型コロナウイルスの感染が広がった4月以降

東京から県内への転入超過は6カ月連続となった。

前年同月と比べると、9月は東京からの転入者が104人増え、転出者が30人減った。転入者の増加は4カ月連続

転出者の減少は3カ月連続。

4〜9月の半年間の合計では844人の転入超過となった。転入者は3455人で前年同期を450人上回った。

東京、埼玉、千葉、神奈川4都県の「東京圏」との転出入では、9月の県内への転入者1022人に対し、転出者は871人にとどまり

151人の転入超過。前年同月との比較では、転入者が115人増え、転出者は170人減った。

9月の1カ月間で県外からの転入超過者数が多かったのは松本市(54人)、北佐久郡軽井沢町(53人)、千曲市(29人)など。県情報政策課統計室は、新型コロナが県人口に与える影響については「現時点では何とも言えず、推移を見守る必要がある」としている。

諏訪エリアも県外から多くの問合せや来場予約の電話・メールが5月から毎月入ってきます。

各不動産会社の方々からも、例年以上に土地検討の問い合わせが多く、週末は予定がいっぱいとの事。

移住を検討されているから、今がチャンスです!!

まずは、行動を起こしてみましょう。

些細なことからしっかりお手伝い致しますので、まずはご一報を!!

 






おすすめ記事

21/03/01 長野県への移住が人気でおすすめな理由・失敗しないポイントや仕事について徹底解説

21/03/02 田舎移住の準備・失敗しないおすすめの方法

21/03/04 地方移住先ランキング 各地域の魅力や人気の理由を紹介!

21/03/05 セカンドハウスとは?税制面での別荘との違いからローンの組み方まで解説

21/03/18 軽井沢移住の利点や失敗例、人気エリアのまとめ

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ