長野古牧展示場
工房信州の家が提案する"広がり間取り"をめいっぱい広げ、土間サロンからダイニング、キッチンまでをオープンに。
ホストとゲストの垣根無くパーティーを楽しめます。
一方、最奥のリビングはひと味違う落ち着きで演出しました。
屋外からだんだんにつながる空間で、めいめい自分に合った時間の過ごし方を見つけてください。

 

 

外観 -Facade-

外観の落ち着いた色合いと、緩やかな切妻屋根、懐の深い軒の出が、信州の風景によく馴染む。シンプルでありながら、住む人の実り多き人生を思わせる住まい。

 

土間サロン -Doma salon-

外のテラスへフルオープンにつながる土間サロン。ダイニングと床レベルの差も小さく、信州の自然を間近に感じる、一体感ある大空間になっている。

 

キッチン -Kitchen-

ダイニングと隔たりのないキッチン。ゲストを交えここで一緒にお料理をして、そのままここで乾杯しても様になる。後ろにはウォークスルーのパントリーも。

 

リビング -Living-

奥のリビングでは、ソファに腰かけると仕切り腰壁のおかげでダイニング側と目線が合わずゆっくり過ごせる。信州カラマツを目透かし張りしたアクセントウォールに囲まれて、落ち着いた雰囲気。

 

主寝室・書斎・クローゼット -Private room-

斜天井に沿った間接照明に照らされた杉の柾目が美しい。主寝室から続く書斎とクローゼットは麻布漆喰の床で上質な空間。コーディネートテーブルを設けて、ブティックのように服選びを楽しむ。

 

キッズルーム -Kids room-

大きなFIX窓から街を一望するカウンターが特等席のキッズルーム。収納もたっぷりでのびのびと過ごせる。

 

バルコニー -Balcony-

オープンスペースの前には、奥行きのあるバルコニーを設けた。アイアン手すりがファサードのアクセントにもなる。

 

サニタリー -Bath room-

墨色のモザイクタイルが印象的なハーフユニットバス。造作洗面台も同じタイル張りで仕上げ、お客様を迎えるにも相応しい上質な空間に。

 


Concept 仲間の週末ベースになる家
信州の暮らしをもっとアクティブに楽しむために、「毎日が土間パ」をキーコンセプトに据え、仲間が集う住まいをつくりました。
土間からキッチンまで隔たりのないワンフロアが住人と来客の区別を取り払い、フラットな過ごし方を誘引する空間設計。
皆で作り楽しむ新時代のホームパーティーの形は、仲間の週末ベースとして親しまれることでしょう。 

 

長野古牧住宅公園
DATA

設計監修/ 久保敦史

1981年 神奈川県生まれ。早稲田大学大学院修了後、建築家・田中敏溥氏に師事。2016年 久保敦史建築設計事務所を開設。「体に豊かさを 心に静けさを」を信条とする。

 

住所 長野市高田五分一沖668-1「長野古牧住宅公園」内
TEL 026-219-3056
営業日 月・木・金・土・日・祝
営業時間 10:00~18:00

 

MAP

 

ページトップへ